海外ひとり旅で急に便意 言葉わからずトイレに入れず大ピンチ

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

【連載】お腹トラブル天国と地獄 ~運命の選択~

   30代女性のはるかさんは、海外旅行が大好き。今回は、ベルギー・ブリュッセルへひとり旅に出かけました。市内観光の途中、突然激しい腹痛と便意に襲われてしまいます。公衆トイレへ駆け込むと、海外ならではの習慣で危機一髪。はるかさんの運命は。

  • トイレが有料!小銭がない!!ヤバい!!!
    トイレが有料!小銭がない!!ヤバい!!!
  • トイレが有料!小銭がない!!ヤバい!!!

あわや「漏らす」寸前

   日本を夜に飛び立ち、早朝にブリュッセルに到着したはるかさん。日本とベルギーの時差は約7時間ありますが、ブリュッセルの早朝は日本時間でも昼過ぎにあたり、まだまだ元気です。到着直後から街に繰り出し、積極的に観光を楽しみました。その夜は、時差ボケで寝つきが少々悪かったものの、海外旅行ではいつものこと――。

   普段から便秘ぎみのはるかさん。海外旅行先では特にそうなりがちですが、帰国すると改善していました。この日の朝は少し寝坊しましたが便意は特になく、トイレタイムも早々に切り上げました。急いで身支度をしてホテルを飛び出します。

   ベルギーといえばビールが有名。昼からビールを飲みつつ、アルコールで気分がよくなったところで、ブリュッセルの街中を散策することに。歴史的な建造物や、有名な小便小僧のブロンズ像を見物しながら街歩きを楽しんでいました。すると、突然腹痛と便意が......。

   道行く人に、つたない英語とジェスチャーでトイレの場所を教えてもらい、なんとか最寄りの無人公衆トイレへ走ります。しかしここで事件発生!欧州の公衆トイレは、ほとんどが有料です。はるかさん、チップを払おうとして財布を出すと、コインがありません。入り口は無人で、お釣りをもらう交渉もできません。

   そんなことはお構いなしに迫り来る便意と、だんだん強くなる腹痛。旅先とはいえ、絶対にうんちを漏らしたくない。

   追い込まれたはるかさん。通りがかりの女性にジェスチャーで必死に訴えかけます。すると、親切にも50セント硬貨をトイレの入り口に入れてくれました。お礼もそこそこに個室に駆け込み、なんとかセーフ。

   その後は腹痛などもなく、ベルギー旅行を満喫できたそうです。それにしても、知らない土地や異なる文化圏での突然の腹痛と便意は困りもの。今後、はるかさんがこうしたお腹トラブルに悩まされず海外旅行を楽しむためには、「夕方以降に到着するフライトを選ぶようにする」、「飛行機の中で下半身のストレッチを行う」の、どちらを取り入れたら良いでしょうか。

姉妹サイト