2024年 6月 15日 (土)

マッチョ35人が隅田川花火大会の後を掃除 ちりのかけらも残さない筋肉軍団

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   東京で4年ぶりに開催された隅田川花火大会。大盛り上がりの翌朝、無残に転がる大量のごみ。この光景を見過ごさない「マッチョ」たちがいた。

   フィットネスブランド「VALX(バルクス)」が開催した清掃イベント「ゴミ拾いマッチョ」だ。2023年7月13日に、ごみ拾いに参加する「マッチョ」を募集。花火大会翌日の7月30日朝、たくましい肉体をした参加者が総勢35人集まった。

  • 段ボール、ござ、缶にペットボトル マッチョたちが掃除しました
    段ボール、ござ、缶にペットボトル マッチョたちが掃除しました
  • 吾妻橋公園入口 祭りの後のごみ大量に
    吾妻橋公園入口 祭りの後のごみ大量に
  • 吾妻橋公園内 マッチョたちが出動だ
    吾妻橋公園内 マッチョたちが出動だ
  • 吾妻橋公園脇の歩道 無残にごみが落ちているが
    吾妻橋公園脇の歩道 無残にごみが落ちているが
  • マッチョたちが通るとこんなにきれいに
    マッチョたちが通るとこんなにきれいに
  • 駒形橋の西に渡る参加者 先頭は「タケタコタン」さん
    駒形橋の西に渡る参加者 先頭は「タケタコタン」さん
  • 国道6号側もごみが散見
    国道6号側もごみが散見
  • パワーでペットボトルを潰す
    パワーでペットボトルを潰す
  • 墨田区役所付近の階段を下るとこちらにもごみが
    墨田区役所付近の階段を下るとこちらにもごみが
  • カメラを向けると参加者は力強いポーズを披露してくれた
    カメラを向けると参加者は力強いポーズを披露してくれた
  • 段ボール、ござ、缶にペットボトル マッチョたちが掃除しました
  • 吾妻橋公園入口 祭りの後のごみ大量に
  • 吾妻橋公園内 マッチョたちが出動だ
  • 吾妻橋公園脇の歩道 無残にごみが落ちているが
  • マッチョたちが通るとこんなにきれいに
  • 駒形橋の西に渡る参加者 先頭は「タケタコタン」さん
  • 国道6号側もごみが散見
  • パワーでペットボトルを潰す
  • 墨田区役所付近の階段を下るとこちらにもごみが
  • カメラを向けると参加者は力強いポーズを披露してくれた

マッチョが通った後には

   暑さがまだピークを迎えていない朝7時30分。すでに摂氏30度に迫る気温のなか、墨田区役所前にマッチョたちが集う。トングやゴミ袋、熱中症対策の塩飴が手渡されていく。

   VALXを展開するレバレッジ社(東京都渋谷区)のYouTubeチャンネルでアシスタントを務めている「タケタコタン」さんがあいさつする。今回のごみ拾いイベントは4回目で、過去には渋谷や代々木公園で実施している。「すごく暑いので、とにかく熱中症にならないよう水分補給をお願いします」と注意喚起し、ゴミ拾い開始だ。隅田川の東側沿いを南に、マッチョ軍団が突き進む。

   自治体の業者による清掃が行われたのか、区役所から吾妻橋までの道中に目立ったごみはない。しかし首都高速道路の高架下・吾妻橋公園に差しかかると、異変が。公園入口の自動販売機前に、おびただしい量のゴミ袋や空き缶が山積みされているのだ。後ほど、業者が回収するのだろうか。これからゴミが待ち構えていると予感させる光景だ。

   公園内に入ると、花火鑑賞に使われたとおぼしきビニールシートやガムテープ、中身の入ったままのペットボトル、空き缶が散乱している。川沿いの通路に至るまで、無数に広がる。マッチョたちの出番だ。

   トングで吸い殻や紙くずを次々に拾い上げ、有り余る力でペットボトルを潰し、回収。マッチョたちが通り過ぎた後は、路面清掃車が通ったかのようにごみが消えている。

   公園を抜けた参加者たちは駒形橋を歩き、隅田川の西側へ。国道6号線の市街地を、北へと向かう。すれ違う通行人が驚いた様子でマッチョたちを見つめる。開始時よりも強さを増した日差しが肌を焼くように照り付けるが、マッチョたちはさわやかな笑顔を絶やさない。

   こちらも道の隅に6本の空きペットボトルが放置されるなど、各所にごみが放置されている。参加者の手により、すぐに回収だ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!