2024年 5月 19日 (日)

メタバースで不登校生徒「居場所支援」プログラム アバターならではの「匿顔性」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   メタバースを使い、不登校の中学生・高校生の「居場所支援」をする動きがある。一般社団法人プレプラが、京都府のものづくり振興課と共催するメタバース不登校学生居場所支援プログラム、通称「ぶいきゃん2023 京都」だ。

   参加は無料で、参加者にはVR(仮想現実)ゴーグルを貸与。メタバース内での探索や、VRの世界で活躍するクリエイターとの交流を通して、自分の興味や可能性の再発見をする機会を提供する。

  • メタバースを使い不登校の居場所支援(画像はプレプラの23年8月7日付発表から)
    メタバースを使い不登校の居場所支援(画像はプレプラの23年8月7日付発表から)
  • 2022年でも広島市を対象に実施(画像はプレプラの23年8月7日付発表から)
    2022年でも広島市を対象に実施(画像はプレプラの23年8月7日付発表から)
  • メタバースを使い不登校の居場所支援(画像はプレプラの23年8月7日付発表から)
  • 2022年でも広島市を対象に実施(画像はプレプラの23年8月7日付発表から)

クリエイターとの交流から教育プログラムまで

   「メタバース不登校学生居場所支援プログラム」は、2022年9月26日~10月8日にも広島市内の不登校生徒を対象に行なった。プレプラの23年8月7日付発表によると、前回の取り組みをもとに、「本格型」として今回のぶいきゃん2023 京都を実施する。京都府在住の不登校の中学生・高校生20人が対象だ。

   実施期間は9月25日~10月22日の約1か月。プログラムには、メタバースプラットフォーム「VRChat」を利用する。

   プレプラ代表理事の水瀬ゆずさんに取材した。プログラムは大きく、第1週から第2週の「ぶいきゃんぷ」と、第3週から第4週の「ぶいきゃんぱす」で構成される。

   「ぶいきゃんぷ」ではメタバースで活動するクリエイターや不登校経験者との会話を通じて、自分の知らない生き方や考え方に触れる講演会を実施。またVR空間内での世界旅行など、他参加者と交流しながらVRChat内のコンテンツをめぐるという。

   「ぶいきゃんぱす」では協賛企業と連携し、金融やITリテラシーに関する教育など、「教育課程で示すところの『総合的な学習の時間』のようなコンテンツを提供」するとのことだ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!