2024年 6月 19日 (水)

うめき声、無数の視線、振り向くとそこに... メタバースお化け屋敷「地獄館」レポ

   メタバースプラットフォーム「VRChat」。そこには「心霊スポット」「いわく付きの家屋」など、ホラー要素を題材にしたワールド(仮想の世界)がいくつもある。

   そうしたなか、「お化け屋敷」そのものをテーマにしたワールドが、ぬらりと登場した。2023年8月18日公開の「お化け屋敷 地獄館」だ。

  • おいでませ 「お化け屋敷 地獄館」
    おいでませ 「お化け屋敷 地獄館」
  • 亡者たちがこちらを見て来る
    亡者たちがこちらを見て来る
  • 地獄に足を踏み入れてしまったようだ
    地獄に足を踏み入れてしまったようだ
  • 等身大の人形が動いて物語が描かれる
    等身大の人形が動いて物語が描かれる
  • 妻を裏切った男は地獄に引きずりこまれる
    妻を裏切った男は地獄に引きずりこまれる
  • 血の池地獄だろうか
    血の池地獄だろうか
  • 最後は登場人物紹介 エンドロールのような雰囲気
    最後は登場人物紹介 エンドロールのような雰囲気
  • おいでませ 「お化け屋敷 地獄館」
  • 亡者たちがこちらを見て来る
  • 地獄に足を踏み入れてしまったようだ
  • 等身大の人形が動いて物語が描かれる
  • 妻を裏切った男は地獄に引きずりこまれる
  • 血の池地獄だろうか
  • 最後は登場人物紹介 エンドロールのような雰囲気

地獄にようこそ

   「地獄館」は和風の建物。入場すると、案内板のストーリー説明が目に入る。

「夏休みの終わるころ。あなたは思い出作りのために肝試しへ出かけた。目的地は古びた日本屋敷の廃墟だ」
「この屋敷は『あの世へ繋がっている』と噂され、地元の住人も近寄りたがらない」

などとある。この時点ではまだ、さほど怖さはない。

   先に進むうえで、3Dオブジェクトの携帯電話を手に持ち続ける必要がある。電話から出るライトは、懐中電灯代わりにもなる。

   ふすまの札に触れると、ゲーム開始だ。廊下を歩いていくと、流れていたBGMが消え静かになる。

   何もない廊下を進むと、徐々に暗くなっていく。広間に着くと、携帯電話に「着信」が。応答すると部屋が真っ暗に暗転。やがてふすまが開き、薄明りが見える。その向こうは、無数の木材や卒塔婆(そとうば)らしき板が畳に差し込まれた異様な空間だ。これは、ちょっと......怖い。

   木材のすきまから、土気色の肌に、白装束(しろしょうぞく)をまとった地獄の亡者(もうじゃ)たちが見つめてくる。苦しそうなうめき声が、360度から聞こえてくる。暗いところに明かりを向けると、知らない間に亡者が近くに居たことに気付いて驚く。

   天井から死体が降ってくる、真っ赤なヒガンバナの上で数人の亡霊が首を吊っているなど、恐怖演出には絶え間が無い。VR(仮想現実)ゴーグルを使っていると、臨場感はたっぷりだ。

   中盤には、このお化け屋敷のストーリーを伝える部屋が。一定の間隔ごとに、廊下には物語の書かれた案内板が設置されている。そして案内板の側面を覗くと、等身大の人形が動く簡単なアニメーションが楽しめるのだ。ここはいかにも遊園地のアトラクションのような雰囲気で、少しワクワク感がある。

   和服の男女が恋に落ちるも、夫は町娘と浮気してしまい、悲観した妻が自刃するというストーリー。自分の罪に苦しんだ様子の男は、地獄に引きずり込まれる。

   屋敷全体を通して難しい謎解き要素や、突然大きな叫び声が聞こえてくるなどの、過剰なドッキリ演出はなかった。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!