「VR宇宙博物館コスモリア」 ハイクオリティーな社会科見学をメタバースで

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   VR(仮想現実)上で宇宙に触れられる「宇宙博物館コスモリア」が2023年9月1日に開館した。メタバースプラットフォーム「VRChat」上で公開されている。VR空間で活動する宇宙同好会「天文仮想研究所」が運営する。

   VR空間ならではの資料展示や解説を通して、直観的な情報を提供し、天文学や宇宙開発の発展に寄与するのが目的だ。現実の博物館のような規模感とクオリティーでありつつ、VRらしい体験を楽しめる。入館は無料。

  • プラネタリウムでわかる夏の大三角
    プラネタリウムでわかる夏の大三角
  • エントランス部分 「フーコーの振り子」を展示
    エントランス部分 「フーコーの振り子」を展示
  • 「人類の夜明け」の展示 順路は途中で水中に
    「人類の夜明け」の展示 順路は途中で水中に
  • 「宇宙開発競争」の展示 3Dモデルでロケットを観察できる
    「宇宙開発競争」の展示 3Dモデルでロケットを観察できる
  • 「太陽系と惑星」の展示 惑星ごとの重力を再現しているようだ
    「太陽系と惑星」の展示 惑星ごとの重力を再現しているようだ
  • 「宇宙物理」の展示 原寸大というスーパーカミオカンデの中に入れる
    「宇宙物理」の展示 原寸大というスーパーカミオカンデの中に入れる
  • 「宇宙物理」の最後は、図と長大な文章で宇宙の構造や起源について解説した力の入った展示がある
    「宇宙物理」の最後は、図と長大な文章で宇宙の構造や起源について解説した力の入った展示がある
  • プラネタリウムのコントロール端末
    プラネタリウムのコントロール端末
  • 選んだ星座の星を線で結んでくれる
    選んだ星座の星を線で結んでくれる
  • 「宇宙博物館コスモリア」の外観
    「宇宙博物館コスモリア」の外観
  • プラネタリウムでわかる夏の大三角
  • エントランス部分 「フーコーの振り子」を展示
  • 「人類の夜明け」の展示 順路は途中で水中に
  • 「宇宙開発競争」の展示 3Dモデルでロケットを観察できる
  • 「太陽系と惑星」の展示 惑星ごとの重力を再現しているようだ
  • 「宇宙物理」の展示 原寸大というスーパーカミオカンデの中に入れる
  • 「宇宙物理」の最後は、図と長大な文章で宇宙の構造や起源について解説した力の入った展示がある
  • プラネタリウムのコントロール端末
  • 選んだ星座の星を線で結んでくれる
  • 「宇宙博物館コスモリア」の外観

まずは種の起源から「ライト・フライヤー号」まで

   コスモリアはエントランスやメインホール、常設展示室(計7つの常設展示スペース)、企画展示室(準備中)、そして天体観測室兼プラネタリウムで構成されている。

   エントランス部分ではまず「フーコーの振り子」が設置されている。フランスの物理学者フーコーが1851年に振り子を使って地球の自転を示すために行なった実験を表す展示だ。

   エントランスに設置されたバインダーのような「タブレット」端末を手に取ると、ユーザーが目にしている展示に関する詳細な解説が表示される。これを使って任意の展示スペースに瞬間移動したり、表示言語を英語に切り替えたりすることも可能だ。

   常時展示室の7つの展示は、それぞれ「人類の夜明け」「宇宙開発競争」「宇宙の活用」「宇宙の観測」「太陽系と惑星」「恒星と銀河」「宇宙物理」をテーマにしている。

   「人類の夜明け」では生命やDNAの起源、三葉虫といった古代生物やその進化の過程を提示。順路が途中で水中に変わる演出もある。VRなので、当然溺れる心配はない。

   後半では、人類史上初めて航海により地球上に拡散したオーストロネシア人が使ったとされる原始的な船「丸木舟」や蒸気機関車、人類で初めて動力飛行に成功した「ライト・フライヤー号」までさまざまな乗り物を3Dモデル付きで解説する。

姉妹サイト