【9/13更新】きょうから始める「ナナメ読みSDGs」 あーんなことも実は「SDGs」です

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「SDGs(Sustainable Development Goals/持続可能な開発目標)」に取り組む、多種多様な企業のプレスリリース情報を平日に毎日お届けする「ナナメ読みSDGs」

   情報を「ななめ読み」することから、SDGsに触れてみませんか。難しそうなテーマに思えますが、実はとっても身近な話題もありますよ。「えっ、これもSDGsなの?」と驚くような食品や雑貨など「生活に役立つモノ」を中心に取り上げます。思わず買いたくなる商品があるかも。

取り上げても良いプレスリリースがありましたら、こちらの窓口から、「ナナメ読みSDGs担当者」宛てに情報をお寄せください。

【トリプルバリュー】
ゴミは極力出さない食器材を活用
ゴミは極力出さない食器材を活用

   トリプルバリュー(大阪市)が運営するフードロス削減事業「Re.BooooN!」は、農家直送の規格外野菜・果物を用いた「サステナブルBar」を、2023年9月22〜24日に開催する。

   規格外野菜やフルーツを使用した、ひと口サイズのフィンガーフードと、フルーツカクテルやスムージーを提供する。料金は3000円。


【クラダシ】
商品は3980円(税込)以上、かつ10キロ分まで選べる
商品は3980円(税込)以上、かつ10キロ分まで選べる

   クラダシ(東京都品川区)は、自分で作るフードロス削減BOX「えらんでKuradashi」ベータ版の提供を、2023年9月13日に開始した。まだ食べられるのに捨てられてしまう可能性のある食品などを販売している。

   ベータ版では、いろいろな商品を欲しい量だけ選び購入できる。


【ベネッセホールディングス】
持続可能な社会の実現に向けて「自分たちに何ができるのか」を考える
持続可能な社会の実現に向けて「自分たちに何ができるのか」を考える

   ベネッセコーポレーション(岡山市)の幼児教育・成長支援ブランド「こどもちゃれんじ」は、環境問題について親子で楽しく学べる「おやこでエコにチャレンジ」キャンペーンを実施する。2023年10月31日まで。

   身近なものから「エコ」とは何かを学ぶ「エコえさがし」のほか、食べ物や牛乳パックなど身近なものに関する「エコクイズ」と、その解説で協業企業が行う取り組み紹介などを実施する。公式ウェブサイトから見ることができる。

  • ゴミは極力出さない食器材を活用
    ゴミは極力出さない食器材を活用
  • ゴミは極力出さない食器材を活用
SDGs(Sustainable Development Goals)持続可能な開発目標とは:

2030年までに、「持続可能でよりよい世界」を目指す国際目標。「貧困をなくそう」「飢餓をゼロ」といった17の目標、それらを達成するための具体的な考え方や対策をまとめた169のターゲットで構成される。



SDGsロゴと17のアイコン
SDGsロゴと17のアイコン
姉妹サイト