「社畜集会」がメタバース上で 勤労感謝の日に「残業時間バトル」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   社畜――。つらい仕事でも文句を言わず、熱心に働き続ける会社員を意味する言葉だ。これを自認する人々によるイベント「社畜集会」が、メタバースプラットフォーム「VRChat」上で開かれる。開催予定日は現状(2023年10月20日時点)、11月23日。「勤労感謝の日」だ。

   VRChat上で活動するユーザー・新澤オルトさんが2023年10月19日に告知した。社畜同士が集まり、労働時間の長さを競い合う「残業時間バトル」などを行うという。新澤さんが自身のX(旧ツイッター)に投稿した告知ポスター画像からは、ユニークながら哀愁が漂う。

  • 新澤オルトさんがXに投稿した「社畜集会」告知ポスター
    新澤オルトさんがXに投稿した「社畜集会」告知ポスター
  • 新澤オルトさんがXに投稿した「社畜集会」告知ポスター

「社畜の自認」あれば

   新澤さんが10月19日にポストした告知によると、「残業時間バトル」のほかには社畜同士の慰めあい、社畜を思わせるデザインにしたアバターの見せあい、そして「ちょっとだけ役に立つ話」などを楽しめるイベントになる予定。

   ユーザーは「1.過去1年に1時間でも時間外労働をした」「2.過去1年のいずれかの1週間の労働時間が40時間を超えた」「3.社畜の自認がある」の条件のうちいずれかを満たしていれば、参加可能だ。また「当日何らかの理由で参加できない」人を対象に、労働という概念や会場参加者へ向けたメッセージの募集を開始している。

   新澤さんに取材した。上記に加え、集合写真の撮影も実施するほか、今後もコンテンツは増える場合がある。「役に立つ話」については、自身の職業が医療関係であることを背景に、「職場のメンタルヘルスに関する内容について何かお話できれば」と考えている。

   告知ポストは、500回以上リポストされている。新澤さんによると、反響は想定以上。より多くの人に楽しんでもらうべく、「イベントの内容や開催日時を調整する必要」を感じているという。そのため、開催当日の内容は10月20日現在公開している情報とは異なる可能性がある、とした。

姉妹サイト