アルコールチェッカー「ALSmart」 小型サイズの長寿命タイプ 

   パソコンおよびモバイル関連の周辺機器などを扱うエレコム(大阪市)は、アルコールチェッカー「ALSmart(アルスマート)HCS-AC01BTBK」を2023年11月上旬に発売。

  • 携帯しやすい小型サイズ、長寿命化を実現
    携帯しやすい小型サイズ、長寿命化を実現
  • 携帯しやすい小型サイズ、長寿命化を実現

Bluetooh通信機能搭載

   改正道路交通法の施行規則に対応した、持ち運びに便利な小型サイズ。息を吹きかけてから約5秒で検査結果を表示し、しきい値を超えたアルコールを検出するとLEDライトが赤く光り、ブザー音で警告する。

   アルコール以外に反応しにくい、高精度の燃料電池センサーを採用する。従来モデルと比べ使用可能期限が長くなり、1.5年間(または2000回)使用できるという。

   Bluetooth(ブルートゥース)通信機能を備え、専用アプリ「ALSmart」と組み合わせることで、測定結果の表示や管理、メールやチャットアプリで簡単に共有可能だ。

   また、アプリ内で過去の記録の検索や抽出、常時有効保持義務に対応した点検記録も作成できるなど、事業者の法令対応とDX(デジタル・トランスフォーメーション)化をサポートする。

   持ち運びに便利な巾着袋、専用マウスピース5個が付属する。

   価格はオープン。

姉妹サイト