飲食店の「ネコ型配膳ロボット」工場でも活躍 「かわいらしい雰囲気」もたらす

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   レストランなどで最近見かけるネコ型配膳ロボット「BellaBot」。中国のPudu Robotics Japanが開発した製品だ

   同社は、2024年6月12日~14日に開かれた電子回路業界総合展示会「JPCA Show 2024」に出展。「BellaBot」を工場・倉庫用にカスタマイズした「BellaBot 工業用バージョン」と、5月に新たに発表した工場用ロボット「PUDU T300」を披露した。

  • 今回展示されたロボットたち
    今回展示されたロボットたち
  • BellaBot工業用バージョン
    BellaBot工業用バージョン
  • PUDU T300
    PUDU T300
  • 今回展示されたロボットたち
  • BellaBot工業用バージョン
  • PUDU T300

製造現場特有の狭い通路を巧みに移動

   ネコ型配膳ロボット「BellaBot」は、搬送作業の補助を行う。日本国内では、ガスト、しゃぶ葉、バーミヤン、サイゼリヤといったレストランや、レジャー施設、介護施設で広く導入されている。

   2021年には、BellaBot工業用バージョンが開発された。「BellaBot」同様の愛らしい外見に加え、AI(人工知能)音声機能、SLAM(自己位置推定および地図作製)技術などを備えているという。今日では、工場や倉庫で使用されている。

   「PUDU T300」は、あらゆる製造現場において、物資や材料の輸送に役立つよう設計されている。生産ラインへの物資・材料の供給、生産ゾーン間での輸送、品質チェックのためのサンプルの輸送など従業員の業務を効率化させてくれる。

   機動性にも優れ、製造現場特有の狭い通路を巧みに移動できる。自動再充電と迅速なバッテリー交換機能を備えており、24時間365日の連続稼働が可能だ。

姉妹サイト