「横澤彪のチャンネルGメン」が本に 『テレビの貧格』

印刷

   J-CASTテレビウォッチで連載中の人気コラム「横澤彪のチャンネルGメン69+1」(2006年12月~)が「テレビの貧格」(東洋経済新報社、1400円=税別)として出版され、08年6月13日に発売された。

横澤彪さんのJ-CAST連載をまとめた「テレビの貧格」
横澤彪さんのJ-CAST連載をまとめた「テレビの貧格」

   筆者の横澤さん(70)は、元フジテレビのゼネラル・プロデューサー。1980年代に大ヒットした「オレたちひょうきん族」や、現在も続く「笑っていいとも!」を手がけた「お笑いの仕掛け人」として知られる。吉本興業の専務取締役も歴任した。

   「テレビの貧格」は、08年4月末現在の357本の中から78本を選び掲載した。お笑い番組からドラマやバラエティまで幅広く取り上げている。出演者へのエールもあれば、番組制作者への厳しい批判も語っている。

   また、ネット連載に寄せられた読者からのコメントも紹介している。番組に注文をつけた横澤さんに対し、厳しい反論をする辛口コメントも少なくない。コメントは、J-CASTニュースの「コメントに関する諸注意」に基づき引用した。

   横澤さんは「似たような企画が多すぎてテレビがつまらなくなり、インターネットに押されている。今の発想を変え、ネットに負けないようテレビにがんばってほしい」と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中