2018年 9月 20日 (木)

山城新伍の「今」にみる 有名人の「フェードアウト」

印刷

   <テレビウォッチ>いまなぜ山城新伍(69)なのか分からないが、芸能界から姿を消して久しい山城が、週刊誌に登場したという。それも、「このまま消えてしまいたい」「老人ホーム最後の日々を語る」(9月4日号)というのだそうだ。どうせ文春の売り込みだろう。

どういう風に…

   そこで伝えられている言葉は、「山城新伍の『やの字』も覚えていないと思うよ」「もう芸能界に戻るつもりはないし、元気になるわけがない」と、何とも弱々しい。「山城がいるなんてだれも知らんから、ここが終の棲家ですよ」。むろん、写真はない。

   2001年ころから持病の糖尿病が悪化し、テレビの出演も減った。06年には「山城新伍が徘徊している」と週刊誌が伝えたりした。その年末のテレビの映像では、足が弱っている風で往年の面影がなかった。

   ただ、「最後通牒突きつけられてたまるか。もう一度やってやる」「これを雑誌に売ったヤツは、おれがもう回復しないと思ったんじゃないの。死ねよお前、ばかやろう」と口だけは達者だった。

   その山城の消息を、所属事務所の長田栄二代表が語った。「週刊誌が出て、どうしてるんだという問い合わせが沢山きてます。引退だとか中には死亡説まで出てますからね」。今月はじめには「要介護」と書いた週刊誌もあった。

   長田代表は、彼の現状を、「糖尿がすすんでまして、正直言うといま車椅子です。単に血糖値とかだけでなく、いろいろおこる可能性があるので、24時間の介護が必要です」。実際は、介護が受けられる病院にいるという。

   1966年に女優花園ひろみと結婚。ひとり娘をもうけたが85年に離婚。91年に復縁したが99年、再度離婚している。このあとテレビの出演も減った。そのころ「人間60すぎたらね、寂しさがこみ上げてきたりしなかったら本当じゃないね」といったりしている。

   妻や娘に会いたいが会えないさびしさが、冒頭の「消えてしまいたい」になったものらしい。にしても、「白馬童子」から、やくざ路線、毒舌からはほど遠いようだ。

   鳥越俊太郎が、「ボクとひとつ違いですが、歳とれば老いも来るし病気もくる。山城さんのように有名だった人が、どういう風にフェードアウトしていくかの問題だと思うね」としんみり。

   江上剛が、「山城新伍、みんな覚えてますよ」(そうそうとスタジオ)

   白石真澄は、「(週刊誌の)見出しを見ると、人間の尊厳を踏みにじるようなひどい見出し」

   赤江珠緒が、「現況が明らかになってホッとしました」

   いまにわかる。年をとればわかる。  

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中