2020年 12月 2日 (水)

食事は毎日カラコロ弁当かノリ弁「逃亡オウム2人」異様生活

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   オウム真理教の平田信容疑者と斎藤明美容疑者が大阪でひっそり暮らしていた様子が分かってきた。2人が7年間暮らしていた東大阪のマンションは、斎藤が働いていた整骨院が契約して借りたものだった。近くのレンタルビデオ店で吉川祥子の偽名を使って会員登録を行いビデオを借りていたが、会員登録の際に斎藤が身分証明に提示した健康保険証は吉川祥子名義だった。

斎藤明美は自首前にはじめて「天丼弁当と卵焼き」

   斎藤は近くの弁当店で毎日のように弁当を2人分購入していた。弁当店の関係者によると、「5年くらい前から土日以外は毎日のように決まった時間に来て、カラコロ弁当とか海苔弁当を必ず2つ買って行った」という。カラコロとは鶏の唐揚げとコロッケだ。昨年末に斎藤を見かけて話したという近所の男性は、「『お父さんの具合が悪いから年末は群馬に帰る』と話していた」という。

……

   年が明けて6日に斎藤は整骨院に姿を現し、その日の昼すぎに弁当店で初めて一人分の天丼弁当と卵焼きを買って行ったという。弁当店で斎藤を見たのはそれが最後だった。

   司会の加藤浩次「いたって普通(の生活)ですね」

   これを内科医のおおたわ史絵は次のように否定した。

「普通の生活でないと思う。将来良くなる展望がないなかで、17年間も隠れながらお弁当を食べて生活していくのはまともな精神状態でできることとはちょっと違う」

   斎藤は弁護士に「外に出られないのは辛いものだということが分かった」と話したという。気軽に外出できない平田の17年間も辛い日々だったに違いない。

   平田は公証役場の仮谷清志事務長拉致事件について、「車を運転していただけで計画は知らなかった」と否認している。それが事実ならばなぜもっと早く出頭しなかったのか。肝心な部分が不自然で、2人はまだ大事な部分を隠しているとしか思えない。

文   モンブラン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中