2019年 10月 20日 (日)

TBS「月曜名作劇場」3月で終了!「十津川警部」「浅見光彦」シリーズの老舗2時間ドラマ

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   TBSは「月曜名作劇場」(月曜よる8時)を3月(2019年)で終了することを決めた。「ザ・サスペンス」「月曜ミステリー劇場」「月曜ゴールデン」と名前を変えながら、渡瀬恒彦、内藤剛志の「十津川警部」、小林稔侍の「税務調査官・窓際太郎の事件簿」、平岡祐太の「浅見光彦」などシリーズを放送してきた老舗ドラマ枠だ。

制作費かさみ、視聴者も「長すぎる」

   かつては民放の「火曜サスペンス劇場」(日本テレビ系)、「水曜ミステリー9」(テレビ東京系)「金曜エンタテイメント」(フジテレビ系)、「土曜ワイド劇場」(テレビ朝日系)と、2時間ドラマは看板番組だったが、その座を次々とバラエティーに譲り、とうとうTBS系からも消えることになった。

   2時間ドラマはロケが多く制作費がかかるうえ、視聴者はスマホなどチェックしなければならず、2時間もテレビの前に座らせておくのは難しくなっている。スポンサーも付きにくい。

   今後は、人気レギュラードラマの2時間スペシャルが増えそうだ。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中