2019年 6月 19日 (水)

小林麻耶「メディアの仕事はやめる」と言っていたのに。夫婦の幸せアピールシーンをよくもまあテレビで何度も...
〈直撃! シンソウ坂上」〉(フジテレビ系)

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   かまってチャン、というのはこういう人を言うのだろう。小林麻耶が、5月17日放送「金スマ」(TBS)に続き、またもや夫とともにテレビに出演した。昨年(2018年)8月に、自身のブログで「今後は大好きなメディアの仕事を離れ......」と引退宣言したはずなのに......。

   番組前半は、夫と自分の母と3人で、高級中華料理を食べながら談笑する様子や、夫婦のハワイ旅行での仲睦まじい(というかカメラも気にせず、よくまあイチャイチャと)様子を見せ、幸せアピール。

   一転、後半は、坂上忍を相手に、「2年前、妹・小林麻央が34歳という若さで亡くなり、その前後、マスコミに追いかけまくられ、あることないこと書かれ、自分は深く傷ついた。身も心もボロボロになり、眠れなくなって...」というようなことを怒りの表情で訴えた。

   たとえば、妹の闘病中、体調のいい時に2人で買い物に出かけたら、「ブランド店 2時間ショッピング」と記事を書かれ、「死ぬ死ぬ詐欺」だと言われた。妹は「お買い物も行けないんだね」と悲しそうにしていた。さらに、葬儀の日、ピンクのバッグを持った笑顔の写真を撮られ、「悲しんでいない。海老蔵の後釜を狙っている」云々と書かれ、「死にたくてしかたがなかった」と訴える。

   マスコミへの恨みつらみを全部吐き出し、「引退しなくちゃいけなくなったのはマスコミのせいだ」と言わんばかり。事実上の引退宣言撤回。これこそ、やめるやめる詐欺!? 需要があるとも思えないが。(2019年5月30日21時~)

                 

(白蘭)

 
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中