2021年 9月 20日 (月)

ワクチン接種が始まった! 専門医「注意が必要なのは、過去に大きなアレルギーを起こした人だけ」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   きょう17日(2021年2月)から、新型コロナワクチンの先行接種が始まった。まずは医療従事者4万人が対象で、うち約2万人に7週間にわたり観察日誌を記入してもらい、安全性の調査も行うという。

   先行接種に続き、コロナに関わる医療従事者、4月からは65歳以上の高齢者、基礎疾患がある人、高齢者施設などの従事者、60~64歳の人への接種が順次実施され、それ以外の16歳以上の一般の人への接種は5月下旬ころになると見られている。

「妊娠中や授乳中でも影響は考えにくい。接種した方がいい」

   スタジオでは専門医がワクチンに関する疑問に答えた。

   Q.妊娠中や授乳中でも接種は可能なのか?

   日本感染症学会専門医の佐藤昭裕医師「アメリカでは1万人以上の妊婦さんが接種済ですが、これまで明らかなデメリットは出てきていない。コロナにかかったときのリスクを考えれば、妊婦さんも接種した方がいいと思います」

   米国立研究機関研究員の峰宗太郎医師「ワクチンの仕組みから言っても妊婦さんや赤ちゃんに影響が出るとは考えられない。コロナにかかってしまうと早産をしたりICUに入ったりしてしまうリスクがあるので、打つ選択をした方がいい」

文   ピノコ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中