2021年 9月 18日 (土)

夫婦の姓、どちらを選ぶ? 「そうだ、ネットに聞いてみよう」という2人も

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   自民党の「選択的夫婦別姓」検討作業チームが2日(2021年4月)に会合を行った一方、今月初めには「選択的夫婦別姓の早期実現を求めるビジネスリーダー有志の会」が行われた。共同呼びかけ人にはDeNAの南場智子会長など名だたる企業の名前が並んでいた。

   この3月に結婚したばかりの永島優美アナは「私は『永島』の名で仕事をしているので実感はありませんが、それでも免許証の書き換えや銀行口座などいろいろと書き換えなければならないことがありました」と話した。

  • 「選択的夫婦別姓」の行方に注目が集まる。
    「選択的夫婦別姓」の行方に注目が集まる。
  • 「選択的夫婦別姓」の行方に注目が集まる。

自民党内でも推進派と慎重派

   番組ではこうした環境下で、ユニークな方法で夫婦の名字を決めたカップルを紹介した。

   1組目は、結婚後の名字をネット上のアンケートで決めた石川夫妻。2人は中学・高校の同級生で、結婚したのは2年前。夫の旧姓は田村だった。ネット上で「響きがいいのは田村? 石川?」というアンケートを実施したところ、300人の回答の約7割が「石川」だったため、石川の姓を選ぶことにしたという。妻は「夫に名前を変えてもらうのは申し訳ないという思いはあった」と言い、夫は「名前が変わってがっかりしたということはないが、親が納得するかどうか、不安があった」と告白した。

   2組目は、去年9月に結婚した平野夫妻。公平を期すため、ゲームで名字を決めることにしたという。そのゲームとはスマホ用ゲームの「マリオカートツアー」。2勝2敗で迎えた5戦目に、夫が何度もバナナを踏んでスピンを繰り返し妻に軍配。夫は旧姓「本田」を捨て、妻の名字「平野」を選ぶこととなった。夫は「納得してできたし、ゲームも純粋に楽しめた」と話した。

   これには永島アナも「面白そう」。MCの谷原章介は「男の名字は変わらないと思い込んでいたが、変わるとなるといろんなことがある」と納得した様子。女優・タレントのトリンドル玲奈は「私は変わった名字、トリンドルなので、できるだけ早く普通の名字になりたい。旦那の名字になる楽しみもあるが、選択できるようになるのはいいこと」と話した。

   自民党内でも推進派と慎重派がいる。推進派の岩屋毅・元防衛相は「多様性を包摂する社会にしたい」、慎重派の山谷えり子・元国家公安委員長は「家族の根幹にかかわるものであり、自由の拡大とか選択肢が増えるとか、そういうことではない」と話している。番組が10代から80代の1000人に行ったアンケートでは賛成が69%、反対が31%だった。

   教育評論家の尾木直樹は「オリパラ参加の200国の中で日本だけがどちらかの名字を選ばなくてはならない。山谷議員の気持ちもわかるが、岩屋議員の言うように選択できることのほうが今の時代は素敵な方向だと思う」とコメント。

   若狭勝弁護士によると、「夫婦同姓」を義務付けているのは先進国で日本だけ、日本で結婚後旧姓に戻すには離婚以外方法がない。そのため、夫婦別姓にするために離婚の準備を進めているカップルもいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中