2021年 10月 28日 (木)

「ただリコ」正隆の「5億円の使い方」めぐり激論 「彼なりの償い」「育児丸投げ」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   連続ドラマ「ただ離婚してないだけ」(テレビ東京系)最終回が、9月29日(2021年)深夜枠(30日未明)に放送された。(ネタバレあり)

   仁科徹(杉本哲太さん)たちは、柿野家から脱出した佐野義文(深水元基さん)を殺害。佐野が持っていた、正隆(北山宏光さん、Kis-My-Ft2)と雪映(中村ゆりさん)が夏川萌(萩原みのりさん)の死体を掘り起こしている写真が収められたSDカードを携えて柿野家に出向き、1億円で買い取るよう要求していた。

  • テレビ東京の「ただ離婚してないだけ」番組サイトより
    テレビ東京の「ただ離婚してないだけ」番組サイトより
  • テレビ東京の「ただ離婚してないだけ」番組サイトより

「偽りなく生きてくれ」父の遺言に...

   雪映は「殺そう。今回が最後。もう後戻りはしない」と、金の受け渡しの際に仁科たちを殺害しようと正隆に持ちかける。

   約束の夜、待ち合わせ場所の倉庫の近くで車を停めた正隆は、「信じろ。全部上手くいく」と告げ、雪映を残して1人で倉庫まで歩いて行った。

   しかし明け方になっても正隆が戻ってこない。雪映は心配になり倉庫に出向いたが誰もいなかった。泣きながら正隆を探して街をさまよっていると、

「元柿野製薬の前会長の長男、柿野正隆容疑者35歳が、今日未明、横浜北警察署へ出頭しました。知人の女性を殺害後、遺体を数カ月間遺棄したことを自供しました」

との臨時ニュースが耳に入る。その瞬間破水し、雪映はその場に倒れ込んでしまった。

   正隆は仁科たちとの約束の前、贈賄で懲役3年、執行猶予5年の判決を受けた弟・利治(武田航平さん)に会い、父・利通(団時朗さん)の遺言を聞いていた。

「正隆、お前ではなく利治を後継者とした時、私は柿野の家柄、血脈という古い慣習にとらわれていた。お前の苦しみは全て、私の未熟さゆえである。後悔がやまないのは、お前への想いを偽り続けたこと。私は、お前の本当の父親でありたかった。それが、お前と初めて会った時から抱き続けた偽らざる想いだ。今、ただ1つ願うのは、お前が私のような道をたどらないこと。偽りなく生きてくれ。大切な者たちを傷付けないために。それから、遺産相続について、私財は全て兄弟に等しく分け与えるものとする」

   記憶した遺言を読み上げた利治は、

「兄さんの相続は、僕と等分で5億円になる。これが親父の遺言だ。生き直そう。もう偽りはやめて」

と正隆に言葉をかけ、正隆は自首を決意した。倉庫の前に到着した時、中には入らず、以前萌の弟・創甫(北川拓実さん、少年忍者/ジャニーズJr.)とともに自宅を訪れていた刑事の池崎康介(甲本雅裕さん)に電話。

「今から、自首します。全部洗いざらい話しますから」

と告げ、1人で警察署に向かったのだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中