2022年 6月 26日 (日)

森のキャビア「フィンガーライム」 その味と値段、若狭敬一アナが紹介

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   「全国でウワサの地元食材」を3日(2021年12月)、司会の香川照之が「楽しみな時間がやってまいりました」と強調しての中継企画で取り上げた。最初は山梨県からだったが、30分ほど前に県東部を震源とする震度5弱の地震があったばかり。地元放送局のアナウンサーが緊張気味に伝えた。

   地震は6時37分、その強さを示すマグニチュードは4.9。「外にいて、一瞬縦にドンと強い揺れがありました」と、甲府盆地を見渡す市川三郷町からUTYテレビ山梨の黒澤知弘アナ。その後にやっと触れた食材は80~120センチの長さが特徴(普通のニンジンは約15センチ)の「大塚にんじん」だ。

  • 番組ツイッターより
    番組ツイッターより
  • 番組ツイッターより

肉料理やマリネに

   八ヶ岳の火山灰からできたという土で育つ。その場で生でかじった黒澤は「イチゴやリンゴと同じぐらい甘い」と一言。アナウンサーのつらいところだ。

   三重県いなべ市からは「森のキャビア」ともいう「フィンガーライム」を紹介した。サイズ10センチほどだろうか、赤い実をとげのある枝からひねりとる。中はピンクや白の粒がいっぱいで、「かむと果汁があふれ、レモンほどの酸っぱさはない」(CBC中部日本放送の若狭敬一アナウンサー)、肉料理やマリネに使うとおいしいという。オーストラリア原産、まだ栽培農家が少ないためか、100グラム1万円することもある高級食材だそうだ。

(あっちゃん)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中