2022年 7月 3日 (日)

GW海外旅行組を襲う 「円安ショック」を「めざまし8」で解説

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   間もなくゴールデンウィーク(GW)だが、急速に進む円安ドル高に海外旅行が直撃されている。「めざまし8」の司会・谷原章介は「ぼくは休まないので(GW中もこの放送があるので)、関係ないですけどね」とすねたが、情報キャスター倉田大誠アナがけさ21日(2022年4月)の「Top newsわかるまで解説」コーナーで取り上げた。

  • 円安の影響が…
    円安の影響が…
  • 円安の影響が…

原油高騰による航空運賃アップなども

   倉田は旅行アナリスト・鳥海高太朗さんに取材していた。「鳥海さんによると、たとえばハワイ旅行だと、滞在費だけで一人1泊およそ518ドル(宿泊費、食費、タクシー代、チップなど)かかるそうです。昨年末(2021年)の1ドル116円だと約6万円ですが、きのう20日の1ドル128円換算だと約6万6000円。約6000円増えてしまうんです」

   さらに、円安だけでなく、原油高騰による航空運賃アップ、アフターコロナでの宿泊客増を当て込んだホテル代の上昇なども重なって、昨年末のツアーに比べて一人約4万円以上の負担増になるという。ツアー料金が高くなるだけでなく、旅行先で食事をしたり遊んだり、お土産を買ったりするたびに、円の使い出のなさを実感することになりそうだ。

(カズキ)

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中