2022年 10月 8日 (土)

「オクトー」松井玲奈の演技に「凄み」 事件で一転「無感情」に...が「マジ別人」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「オクトー ~感情捜査官 心野朱梨~」(読売テレビ、日本テレビ系)第2話が7月14日(2022年)に放送され、朱梨(飯豊まりえさん)の姉、紫織を演じる松井玲奈さんの演技がツイッターなどで注目を集めた。(ネタバレあり)

   この回は中学生の頃の朱梨(渡邉心結さん)が、大学生の紫織に駆け寄る回想からスタート。「新しいシューズおろしちゃった!」(朱梨)、「いいねぇ!大会もうすぐだったよね?」(紫織)などと仲睦まじく会話しながら帰宅した2人が目にしたのは、荒れ果てた家の中と刺殺された両親だった。

  • 松井玲奈さん(2019年撮影)
    松井玲奈さん(2019年撮影)
  • 松井玲奈さん(2019年撮影)

「ピクリともしない凄み」

   紫織もまだ家の中にいた犯人に刺され、一命は取り留めたものの、それ以来感情を失って入院生活を送っていた。朱梨は足繁く見舞いに通い、「おはよう」「お姉ちゃん、今日晴れてるんだよ」など笑顔で語りかけるが、紫織は無表情で空を見つめるだけだ。

   事件解決後、朱梨は新しいバスケットボールシューズを手に紫織の元を訪れる。

   朱梨が

「新しいバッシュ、お姉ちゃんのサイズもあったから買っちゃった。また一緒にやろうね、お姉ちゃん」

と呼びかけたが、やはり紫織の表情は全く動かなかった。

   明るく活発な印象だった大学生の頃の紫織と、表情が暗く固まったままの現在の紫織を巧みに演じ分ける松井さんに、ツイッターなどでは

「快活なイメージのある松井玲奈があそこまで死んだも同然な無感情演技出来るのは凄い!」
「松井玲奈さんピクリともしない凄み」
「回想の中と現在のお姉ちゃんの違いがすごすぎてマジ別人」

と称賛の声が上がっていた。

(TT)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中