2024年 3月 5日 (火)

ゴダール監督を追悼。WOWOWで放送された「勝手にしやがれ」を見て

   みなさんは、古い映画になりますが、「勝手にしやがれ」をご存じですか?

   これは、1960年のフランスの白黒映画で、主演はジャン=ポール・ベルモンド(フランスの俳優、故人)とジーン・セバーグ(アメリカの女優、故人)です。監督はヌーベルバーグの旗手と呼ばれたジャン=リュック・ゴダールで、彼はこの9月に、91歳で亡くなりました。WOWOWは彼を追悼して、長編デビュー作「勝手にしやがれ」を放送しました。(この原稿はネタバレを含みます)

   映画の舞台はパリです。ハンフリー・ボガードを崇めるミシェル(ジャン=ポール・ベルモンド)は、マルセイユで自動車を盗み、野放図で、追ってきた警察官を衝動的に殺してしまいます。パリに戻ってきたミシェルは、文無しで警察に追われ、アメリカ人のガールフレンド、パトリシア(ジーン・セバーグ)と行動を共にします。

   パトリシアは、自由奔放な駆け出しのライターで、フランスにいることに執着がありません。

   この映画の舞台になっている、パリの風景が綺麗です。フランスの有名な自動車のシトロエンも、パリにマッチしています。

  • 映画「勝手にしやがれ」DVDパッケージ(KADOKAWA)より
    映画「勝手にしやがれ」DVDパッケージ(KADOKAWA)より
  • 映画「勝手にしやがれ」DVDパッケージ(KADOKAWA)より

ゴダール監督の自由奔放な手法に改めて驚く

   ゴダール監督は、ハンディーカメラを多用し、パリでのロケを進めて行きます。これが、何とも言えず「カッコイイ」のです。

   ミシェル(ジャン=ポール・ベルモンド)は、劇中で何度か「最低」という言葉を口にします。ミシェルが警察に追われる身であることを知ったパトリシア(ジーン・セバーグ)は、ミシェルと刹那的な逃避行を続けます。

   しかし、遂にミシェル(ジャン=ポール・ベルモンド)が、警官に撃たれ、路上で死んでしまいます。

   最後に、ミシェルは、パトリシアに「君は本当に最低だ」と笑ってかすれ声で言います。パトリシアが「彼はなんて言ったの?」と刑事にたずねると、「あなたは本当に最低だ、と彼は言っていました」と伝えます。パトリシアは「最低って何?」と聞き返すのです。

   パリを舞台にした、自由な感覚のこの映画は、現代にも十分通用すると思いました。

渡辺弘(わたなべ ひろし)
渡辺 弘(わたなべ ひろし)
1952年生まれ。東京大経済学部卒業。1976年に日本テレビに入社し、制作局CP、ドラマ制作部長として番組づくりの現場で活躍。編成局長、制作局長、取締役報道局長、常務・専務を歴任した。「マジカル頭脳パワー!!」「THE夜もヒッパレ」「「スーパーJOCKEY」「24時間テレビ」などヒット番組をプロデュースした。 現在は「情報経営イノベーション専門職大学」客員教授。映像会社「2501」顧問。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中