2024年 2月 24日 (土)

一流のスタイルを持つ疋田拓氏がつくるBS朝日「人生、歌がある」を見て

   BS朝日で、毎週土曜日の午後7時から2時間枠で、放送されている「人生、歌がある」を見ました。

   この番組は、構成・演出が疋田拓さんで、司会は五木ひろしさんと伍代夏子さんです。疋田さんといえば、今の若い方たちはご存じない方もいらっしゃるかも知れませんが、フジテレビ系の名番組「夜のヒットスタジオ」(1968年から1990年まで放送された)の演出&プロデューサーでした。

  • まず画面に奥行きが(写真はイメージ)
    まず画面に奥行きが(写真はイメージ)
  • まず画面に奥行きが(写真はイメージ)

流れるようなカメラワークが魅力

   この「人生、歌がある」を見て、エンディングのクレジットを確認するまでもなく、「あ、これは疋田さんの番組だな」とわかりました。それほど、彼は「夜のヒットスタジオ」で確立された、一流のスタイルを持っているのです。

   説明するのは難しいところもあるのですが、まず画面に奥行きがあるのです。歌手が歌うステージと、バンド・客席と、ホリゾント(背景用の壁――照明でいろいろな効果を表現するもの)に奥行きがあります。

   次に、カメラワークですが、一言でいうと「流れるような」カメラワークで、特にクレーンを多用して、ドリー(カメラの動き自体で寄り引き・上下の動きをする)で、揺れている画面作りをしています。その動きが、音楽のテンポに合わせて緩急自在なのです。

   照明も、歌の感じに合わせていろいろ変化させています。 五木ひろしさんの司会も、良いのです。今でも、毎週演歌を中心に多くの歌手の方が出演されています。良かったら、一度ご覧になってください。

渡辺弘(わたなべ ひろし)
渡辺 弘(わたなべ ひろし)
1952年生まれ。東京大経済学部卒業。1976年に日本テレビに入社し、制作局CP、ドラマ制作部長として番組づくりの現場で活躍。編成局長、制作局長、取締役報道局長、常務・専務を歴任した。「マジカル頭脳パワー!!」「THE夜もヒッパレ」「「スーパーJOCKEY」「24時間テレビ」などヒット番組をプロデュースした。 現在は「情報経営イノベーション専門職大学」客員教授。映像会社「2501」顧問。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中