経産省緊急命令でも パロマ「欠陥なかった」

印刷

   経済産業省パロマに対し、死亡事故が相次いだ瞬間湯沸かし器に「欠陥があった」と2006年8月28日に認定し、対象製品の回収などを命じる緊急命令を出した。にもかかわらず、パロマ広報はJ-CASTニュースの取材に対し「『欠陥はなかった』という見解に変更はない」と答え、あくまで不正改造と「老朽化」が事故原因との姿勢を崩さなかった。

   パロマ工業のガス瞬間湯沸かし器による一酸化炭素中毒事故が、約20年間に28件、死者は21人確認された問題で、経産省はパロマ側に事故の調査報告書を2度にわたり提出させたものの、「内容が不十分」と判断。06年8月10日に立ち入り調査を実施していた。

   経産省は調査の結果、同28日、安全装置を構成するコントロールボックスに、はんだ割れが相次ぎ、かつ不正改造が容易だったことを根拠に「欠陥があった」と認定。また、危険なガス器の回収が遅れているとし、消費生活用製品安全法に基づいて、事故が起きた4機種を含むある7機種、約26万台の緊急回収を命じた。

パロマ、経産省に抗議??

名古屋市にあるパロマ本社。緊急命令でも「欠陥無し」を主張
名古屋市にあるパロマ本社。緊急命令でも「欠陥無し」を主張

   こうした緊急命令は、死亡事故が続発した松下電器産業の石油温風機に05年11月に出されて以来2例目だ。

   一方のパロマは、同29日にJ-CASTニュースの取材に応じ、「緊急命令を頂戴したわけですからこれまで以上に点検、回収をスピードアップし、お客様への注意の喚起を進めていきます」との方針は明らかにしたが、「欠陥」についてはこれを否定した。
「これまで通り『欠陥はなかった』という見解に変更はありません」と答えた。
   J-CASTニュースが、「『欠陥があった』と言った経産省に抗議をするのか」と質問したところ、

「資料を含め100ページほど分厚い調査報告書が経産省から届いています。これを精査して(抗議について)決めたい」

と強気の答えが返ってきた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中