「O型は交通事故率が高い」 免許試験場の講師に厳重注意

印刷

   福岡自動車運転免許試験場の講師が講習の中で、「最も事故率が高い血液型はO型」などと発言し、問題になっている。O型の受講生がハラを立て、新聞社に通報、記事になった。これを重く見た同県交通安全協会は、「科学的根拠の無いことを教えた」として講師の2人に厳重注意をした。「血液型占い」などがネットや雑誌などに「氾濫」しているが、最近は血液型による性格判断に反発し、「ブラハラ」(ブラッドタイプハラスメント)と感じる人が増えている。

「A型は安全運転」?

Q&Aサイトでは、血液型に関する話題も多い
Q&Aサイトでは、血液型に関する話題も多い

   2007年7月24日付の朝日新聞によると、2人の講師は県警を定年退職した60代の男性。07年2月頃から講義の最初に、「車の事故を起こす確率は血液型ごとに違う」という内容の話をしていた。「O型は最も事故率が高い」「A型は安全運転」「B型はメカ(機械)に強くて自信過剰で、不注意事故が目立つ」「AB型は神経質で疲れやすく、睡魔に襲われての追突事故が多い」などというものだった。

   この講習を受けたO型の1人の男性が、「根拠のない不適切な発言だ」として、朝日新聞に通報、掲載されて騒ぎとなった。福岡県交通安全協会によると、この2人の講師が血液型の話をしたのは冒頭の3~4分間。受講生の肩の力を抜かせ、講義に集中させるためにこうした話題を出したのだという。こういう「話のつかみ」はどこでも普通に行われているが、「血液型の性格判断は科学的な根拠がない」と判断した。「講師も、ネットや新聞に出ていたものを集めて話していたに過ぎなかった。これを機会に、全講師に今後はそういうもの(客観的裏づけがないもの)は使わないように厳重に指導しました」と話している。

   血液型による性格判断を信じるかどうかは別として、これまでは「冗談」「ネタ」の感覚で楽しんでいる人がほとんどだった。

「ブラッドタイプハラスメント」という言葉も登場

   最近はちょっと事情が変わって、「血液型占い」という「遊び」が、「遊び」と感じられなくなったようだ。血液型での性格判断にストレスを感じる人も増え、「ブラハラ」なる言葉も誕生した。ブログを検索すると、こんな内容が結構多い。

「会社で人事や採用の場、果ては保育園の園児の組み分けでも血液型によって人格や能力を決め付けられ、診断されている場合があるようです。実際に、血液型診断で嫌な思いをしている方も多いようです」
「血液型判断特集の放送後に、血液型のせいで、いじめられた子供や、学校や会社で差別を受けた人が多いっていうから、かなり深刻なんだね~」

   Q&Aサイト「教えてgoo」でも、B型の女性がこんな悩みを書いていた。

「周囲の人間には『自己中・人の話を聞かない・悩みがなさそう』と決まって言われます」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中