ソフトバンクCMのホワイト犬 「お父さん」になった理由

印刷

   父親役の白い犬が家族に奇想天外な説教などをするソフトバンクモバイルのCMが、07年のCM好感度ナンバー「ワン」に選ばれた。なぜ犬が父親なのか、「ホワイト家族」なのに兄はなぜ黒人なのか、などの摩訶不思議さが受けたようだ。その謎に迫ってみた。

「犬の姿に変わった理由はまだ公表していません」

ソフトバンク「白戸家の人々」のサイト
ソフトバンク「白戸家の人々」のサイト

   ソフトバンクモバイルのCMは、「白戸(ホワイト)家の人々」と銘打ったシリーズ14作。2007年6月1日から、「予想外な家族」篇などの作品がテレビでオンエアされている。俳優の上戸彩さん(22)扮するソフトバンクショップで働くOLの「わたし」を中心に、白戸家の家族が、「家族内通話無料」などの携帯電話の料金プラン「ホワイトプラン」を巡って風変わりな会話を繰り広げる。「わたし」と俳優の樋口可南子さん(48)扮する「お母さん」は日本人家族だが、「お父さん」と「お兄さん」はそれぞれ犬と黒人に姿を変えてしまっている。

   CMでは、特に犬の表情がユーモラスだ。家族の問いかけに、犬の「お父さん」は、「お前にはまだ早い!」「なんでおかしい」と人間の言葉で叱りつける。そして、時には、「おれも知りたいな」「ないない」ととぼけてみせるところが、独特の味わいを出している。こうした点が、犬が家族の一員のように暮らす時代に受けて、民間調査会社のCM総合研究所が12月6日発表した07年のCM好感度調査で首位になった。

   ところで、なぜ、父親が犬の姿に変わったのか。ソフトバンク広報室では、「予想外」というCMのキーワードに沿った選択としながらも、「その理由はまだ公表していません。今後の展開を見ていただければ」と言葉を濁す。そこで、このアイデアがどこから来たのか探ってみた。

CMプランナーの思いがこもる北海道犬

   ソフトバンクによると、CMは、電通のCMプランナー、澤本嘉光さんらのチームが制作した。澤本さんは、実は、犬へのゆかりが深い。毎日新聞の土曜日夕刊に「犬と私の10の約束」という連載小説を書いており、脚本を共同執筆した同名の映画が08年3月15日に公開されることになっている。

   毎日の11月14日付記事によると、澤本さんは、幼いころに北海道の母親の実家を毎夏訪れては、飼われていた雑種のベルを可愛がった。「久しぶりに会うとほえて。でも、すぐに思い出し、クゥンクゥン鼻を鳴らして喜んでくれた」。中1になってベルはどこかへいなくなってしまったが、白戸家の犬をどことなく連想させる。澤本さんは、もちろん父親が犬の姿に変わる理由を明かしていないが、記事の中で、「深くは考えなかったけど、犬は説教したり相談相手になってくれる気がして。お父さんが犬だったらいいなと思った」と振り返っている。

   白戸家の犬は、寒さに強く狩猟などに使われる北海道犬。すると、澤本さんが北海道時代を懐かしんで選んだのだろうか。ソフトバンク広報室では、「お父さんのように威厳のある白い犬をと、動物プロダクションで探していて白羽の矢が立ちました」と説明する。

   CMが設定する犬は1匹ということになっているが、実は2匹を使い分けている。オスのカイとメスのネネの兄妹によるダブルキャストだ。おっとりタイプのカイはゆっくりほえ、男勝りのネネは激しくほえる場面で、それぞれ登場する。ともに、NHK朝の連続テレビ小説「天花」やTBSのドラマ「里見八犬伝」にも出演しているタレント犬だ。

   携帯電話の料金プランは、「複雑でわかりにくい」との指摘が多い。ソフトバンクによると、ホワイトプランの「ホワイト」は、料金プランをシンプルで分かりやすくしたことを色にイメージして名づけたという。白戸家のCM効果か、ソフトバンクモバイルの契約純増数は、電気通信事業者協会の調べで、11月まで7か月連続で首位になったことが12月7日わかった。

   今後の契約数の伸びは、利用者に料金プランを、CMのように、ストレートに理解してもらえるかがカギになる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中