出版社「アスコム」社員を解雇 NHK本売れずに「夜逃げ」

印刷

   「英語でしゃべらナイト」「ためしてガッテン」などNHKの番組に関連した雑誌を発行している出版社「アスコム」が突然オフィスを閉鎖した。同社に関連書籍の出版を許諾しているNHKも「連絡がつかないので対応のしようがない」と困惑。まだ民事再生法の申請などは行っていない模様だが、事実上「夜逃げ」だ。2008年に入ってから有名出版社の倒産が相次いでおり、年度末の3月にかけてさらに加速しそうだ。

社員を2月20日付で解雇

アスコムが入居する3階部分に人影はなかった
アスコムが入居する3階部分に人影はなかった

   同社は、02年にアスキーの一般書籍部門が分離独立し「アスキー・コミュニケーションズ」として独立。後にアスキーとの資本関係がなくなり、「アスコム」と社名変更、現在に至っている。ところが、出版業界の専門紙「新文化」が報じたところによると、同社は社員を2月20日付で解雇、翌21日からは営業をストップしているのだという。

   J-CASTニュースが同社に対して電話取材を試みたところ、留守番電話に繋がるが、

「アスコムです。本日の営業は終了いたしました」

との男性のアナウンスが流れ、一方的に電話が切れてしまう状態だ。

   そこで、08年2月26日午後、東京・麹町にある同社が入居するオフィスビルを訪れると、外から見た限りでは、同社が入居する3階部分には電気がついていなかった。さらに、エレベーターのボタンは「3階」の部分が点灯せず、3階は通過する設定になっていた。階段で3階に行こうとしても、階段スペースとオフィスとは鉄の扉で区切られており、鍵が掛かっていた。

   ビルの入り口にも郵便受けにも3階の鉄の扉の部分にも、特に事情を説明する張り紙などはなく、「夜逃げ」状態だ。

   NHK関連書籍を出版している会社が「夜逃げ」となれば、視聴者にも影響がある可能性がありそうだ。ところが、NHK広報局広報部に今後の話を聞いてみると、

「アスコムさんが先週頃から活動停止しているというのは聞いています。こちらでも、今後の見通しは分からないんです。アスコムさんが出版しているのは、語学番組のテキストのようなNHKが直接管理責任を負っているようなものではなくて、NHKが番組素材の使用を許諾するなどして協力している『関連本』です」

と話し、視聴者にとって深刻な不利益は起こらない、との見方だ。

NHK関係本の売れ行きが急落、返品が急増した

   さらに、

「アスコムさんの破産管財人が選任されるなどすれば、NHKとしては、そちらと交渉することになります。ですが、今は連絡がつかないので、いかんともしがたい状態です」

とも話し、困惑した様子だった。

   ただ、同社をよく知る関係者がJ-CASTニュースに語ったところによると、元々経営は苦しかったが、ここ1年で主力商品の売り上げが落ち込んだことから、営業停止に追い込まれた模様だ。

「以前から資金繰りは苦しかったんです。ただ、最近になって新しい株主が入り、なんとか延命できていたところです。ところが、07年になって主力だったNHK関係の本の売れ行きが急落して、返品が急増したんです。これが営業停止の引き金になりました」

   アスコムに限らず、08年に入って自費出版大手の「新風舎」や、多くのベストセラーを出版してきた「草思社」などが民事再生法の適用を相次いで申請しており、今後「倒産」の嵐が吹きまくりそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中