「ライブが楽しくなかった」発言 ウエンツ瑛士謝罪

印刷

   歌手でタレントのウエンツ瑛士さんが2008年6月15日のブログで、謝罪している。小池徹平さんと組んでいる音楽デュオ「WaT」のライブツアーについて、こんな「言い訳」をしたことが発端だ。

「今回のツアー、はっきり言って上手くいかなかったと思ってます。
楽しいモノに出来なかったと思ってます。
そんな気持ちの中、『みんなのおかげで最高に盛り上がったー』、『またやりたいですー』なんて安易に書けませんでした。
満足してると思われたくもなかったですし」

   ウエンツさんにとって納得のいかない部分があったのだろうか。

「次にやれるチャンスがあれば、もっと1から企画、構成をして成功させてみせます」

   だが、この記述にファンからは、楽しいライブだったのなぜ、といった疑問が噴出。一方、「複雑な気持ちになりました」「楽しい時間を過ごしたファン向けて言う言葉かな?」と批判めいたコメントもあった。

   6月15日のブログでは、この件について「不快な気持ちにさせてしまって申し訳ありませんでした」として謝罪している。

「決して楽しくなかったり、面白くなかったりした訳じゃなく『自分の中での合格点になかなか辿り着けなく、すごく悔しかった』事がみんなが本当に楽しめたかなーっと不安に感じてしまっただけでした。
それを『上手くいかなかった、楽しめるモノに出来なかった』と、書いた事は間違いだったと思います」

   これからも二人で精進していきたいと意気込みを語った。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中