NTTドコモ、「ブラックリスト方式」に変更 有害サイト制限

印刷

   NTTドコモは2008年7月16日、未成年の携帯電話ユーザーの有害サイトへのアクセスを制限する「フィルタリングサービス」について、08年8月1日から「ブラックリスト方式」に変更すると発表した。

   これまで、未成年者が携帯電話を契約したり利用する際、同社が認定したサイトだけを閲覧できる「ホワイトリスト方式」を原則適用していた。同方式だと健全なサイトについても大幅に閲覧ができなくなり、増田寛也総務相から改善するよう要請があった。今回の変更で、特定の有害サイト以外は閲覧できるようになる。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中