「0.04が1.5」 近藤春菜視力回復手術成功!

印刷

   お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜さんは、視力回復手術「レーシック」を受けたと2008年7月25日のブログに書いている。

「私、昨日、レーシックを受けてきました。
神戸クリニックさんで受けてきました」

   レーシックは、目の表面の角膜にレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることで視力を矯正する。以前、つんく♂さんも受けたとブログに書いていた。

「あっというまの手術で、今は1.5くらい見えてるの。
まだ1日しか経ってないから、完全じゃないけど、0.04が1.5だよ
すげくない?!」

と、感動ものだ。

   ところが、コメント欄ではこんな反応が書かれている。

「じゃあもう眼鏡かけないんですね・・
なんか寂しいです
角野卓造じゃねーよってセリフはもう聞けませんか?」
「春菜ちゃんはこれから眼鏡のレンズ入れないでテレビ出るんですか?」

   近藤さんといえばメガネをかけている姿が俳優の角野卓造さんにそっくりだと、バラエティ番組で突っ込まれている。こうなれば、伊達メガネでもかけるしかない?

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中