幻の「ラジオ体操第3」 逓信総合博物館で再現

印刷

   夏休みの恒例行事の1つになっているNHKのラジオ体操。そこで耳にする音楽は、「ラジオ体操第1」と「同第2」だが、その続きとなる「ラジオ体操第3」のレコードが逓信総合博物館(東京都千代田区)で見つかった。2008年8月9日から31日まで同博物館で開いている「ラジオ体操80周年記念展」で聴くことができる。

   「ラジオ体操第3」は、終戦直後の1946年4月に作られたが、戦後の混乱のなかでラジオ体操どころではなく、1年4カ月間だけ放送された後、47年8月に放送が打ち切られ、幻のレコードとなった。10年前に市民から同博物館に寄贈されたが、別のレコードジャケットに入っていたため職員が気づかず、今回の記念展を期に調べて見つかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中