ナマコ・アワビ価格が急落 中国への輸出減が響く

印刷

   中華料理の高級食材として知られる、アワビやナマコの価格が急落している。これまで中国の好景気に支えられ輸出が伸びていたが、今年は円高と安い韓国産に押されたため、状況が一変した。

   2009年1月末、今季のアワビ漁を終えたばかりの岩手県は、水揚げ量31トンで前年の73.6%だった。海がしけ、漁の中心となる11月、12月に出られなかったことが原因だ。金額も54.1%減の15億円。

   採取されたアワビは通常、生で食べる「鮮鮑(センポウ)」と加工向けの「乾鮑(カンポウ)」とにわけられる。後者の「乾鮑(カンポウ)」は岩手県でとれたアワビの半分以上が「干しアワビ」となり、韓国を経由して中国に輸出されている。一方、「鮮鮑(センポウ)」は国内に流通する。

ナマコは中国産の養殖ものが増える

   不漁なら、普通は値上がりしてもおかしくないが、輸出に関しては円高の影響と、安い韓国産アワビが中国に流入したため、単価が落ちているという。岩手県漁連の担当者は「漁業者は収入の面で厳しい」と話す。

   中国への輸出が苦戦している一方で、日本への韓国産アワビの輸入は増えている。ある輸入会社では前年に比べて2倍を仕入れている。味の違いはあるが、大きさは天然物と同程度。国産品の半値で取引されるという話もある。

   アワビと同じく、中国では高級食材として知られるナマコも状況は同じだ。青森県漁連によれば、07年にはおよそ900トンだった水揚げ量が、08年は600~700トンに落ち込んだ。しかし一方で、07年の水揚げ価格は1キロ2000円ほどだったのが、08年は1キロ1200円ほどと落ち込んだ。これも、中国での需要が減ったためだ。中国産の養殖ものが増え、円高も重なった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中