セブンイレブンに排除措置命令 公取委、見切り販売制限は不当

印刷

   公正取引委員会は、傘下の加盟店が消費期限の迫った弁当やおにぎりなどを値引きする「見切り販売」を不当に制限したのは独占禁止法違反(優越的地位の乱用)に当たるとして、コンビニエンスストア大手セブン-イレブン・ジャパンに2009年6月22日、排除措置命令を出した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中