株主に「フレンドリー」な企業は資生堂 野村証券調べ

印刷

   野村証券金融経済研究所が調査した、株主にフレンドリー(親切)な企業のトップに資生堂(スコア、84.3)が選ばれた。「フレンドリーな企業」は外国人の株式保有率が高く、日本株の見直し局面ではROE(株主資本利益率)が相対的に高い。かつ情報開示面でのリスクが小さいので、投資対象として「見直される余地は大きいだろう」(ストラテジストの西山賢吾氏)とみている。

   スコアは、野村グループが上場企業400社を対象に算出する株価指数「NOMURA400」の構成銘柄について、「ディスクロージャー(情報開示)、IR(投資家向け広報)」「コーポレート・ガバナンス(企業統治)」「株主還元、株主価値」の3つの分類ごとに23項目を調べて評価した。

   この中から総合点で上位にランクされた76社の過去4年間の株価騰落率を調べたところ、スコアの高い「株主フレンドリー企業」は、株価下落局面での下落率が相対的に小さく、株価上昇局面での上昇率は相対的に高い、良好なパフォーマンスを獲得する実力があることがわかった。

   上位企業は、オムロン(83.6)、アステラス製薬(80.8)、東京ガス(78.0)、アサヒビール(76.0)と続く。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中