「衆院選候補者に聞きたいことは?」 グーグルが質問募集

印刷

   グーグルは2009年7月13日、衆議院選挙にあわせて、ユーザー参加型の選挙情報サイト「未来のためのQ&A」を開設した。衆議院議員の立候補予定者に聞いてみたい質問をユーザーから募り、候補者に動画で回答してもらう。「景気、経済、雇用」や「子育て、教育」など12 のトピックについて質問を募集し、ユーザーの投票で評価の高かった5つの質問を選択。それに対して立候補予定者や政党が回答した動画をYoutubeで公開する。

   開設から3日が経過した7月16日15時までに、「原子力発電は必要だと思いますか?」や「国会で居眠り、暴言など子供に見せられない行いがよくありますが、政治家のみなさんはどう思っているのですか?」など、約2800件の質問が投稿されている。またサイトには、羽生善治さん(将棋棋士)や大林宣彦さん(映画監督)ら6人の著名人が「衆議院議員をめざす人に聞きたいこと」を語ったインタビュー動画がアップされている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中