JALが企業年金説明会 減額提示「現役5割、OB3割」

印刷

   経営再建中の日本航空は2009年11月23日、都内で同社のOBを対象とした企業年金説明会を開き、年金の給付額を退職者は平均3割強、現役は平均5割強減らす方針を、退職者と労働組合に提示した。日本航空の企業年金は4.5%の給付利回りを約束しているが、1997年~2008年の運用実績は平均1.24%となり、3000億円超の積み立て不足が発生していた。今後、積み立て不足圧縮のため、給付利回りを約1.5%にするとみられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中