東証への新規上場09年は22社 「この10年で最低」

印刷

   2009年に東京証券取引所に新規上場した企業(予定を含む)は、前年の54社から約6割減って22社(マザーズを含む)になることがわかった。東証は「この10年で最低となった」と話している。

   リーマン・ショック以降の株価の低迷で、上場しても見込んでいた資金調達ができない可能性と、景気悪化による業績不振で上場基準を満たせない企業が増えていることが原因。東証の新規上場数は2000年の160件がピーク。その後も100件前後で推移してきたが、サブプライム問題が顕在化した07年が68件、リーマン・ショックの08年は54件に急減した。

   主な上場企業には、3月18日に第2部に上場した大幸薬品、7月17日にマザーズに上場したクックパッド、9月14日に第2部に上場した三菱総合研究所などがある。公表ベースでは12月17日に上場を予定している日本海洋発掘で09年の上場は「打ち止め」となる。中堅証券のエコノミストは「来年も見通しは厳しい」とみている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中