グーグルが六本木ヒルズに移転 勝ち組企業「ヒルズ族」が復権?

印刷

   インターネット検索大手のグーグルが「六本木ヒルズ族」に仲間入りする。東京・渋谷のセルリアンタワーにある東京オフィスを引き払い、2010年夏にも六本木ヒルズ森タワーに移転する予定だ。

   六本木ヒルズといえば、かつて入居者は「勝ち組企業」の象徴だった。それがライブドア事件などのイメージダウンや、リーマン・ショック後の世界的な景気悪化の影響で人気に陰りが見えていた。08年3月期の入居率は85%にとどまっていたが、09年後半から外資系企業を中心に入居が相次ぎ、急速に巻き返している。

ライブドア事件、リーマン・ショックでイメージダウン

グーグルも「六本木ヒルズ族」の仲間入り
グーグルも「六本木ヒルズ族」の仲間入り

   2003年4月にオープンした六本木ヒルズ。当初はヤフーやライブドア、楽天などの錚々たるIT企業やベンチャー企業、投資ファンドが入居。ヒルズの住居棟には、ライブドアの堀江貴文社長(当時)や楽天の三木谷浩史社長、サイバーエージェントの藤田晋社長といった成功した起業家が住み、「ヒルズ族」と呼ばれて話題をさらった。

   しかし、その後のライブドア事件やグッドウィルグループの介護報酬の不正請求事件、08年9月のリーマン・ブラザーズ証券の経営破たんなどの影響でイメージダウン。さらには世界同時不況と、丸の内や品川、汐留などの大規模開発によるオフィスタワーとの競争激化によって、苦戦を強いられた。

   「いつかはヒルズ族」というIT企業は少なくなかったが、一方でヤフーはミッドタウンタワー(赤坂)に、楽天も品川シーサイド楽天タワー、ライブドアも西新宿に移転。また、「特打シリーズ」や「驚速シリーズ」などのパソコン・カスタマイズソフトのソースネクストは09年11月、虎ノ門森ビルに移った。オフィス賃料を10年3月期に約1億円、来期以降に年間2億円削減できるというのが理由だったという。

エージェント次第で、活躍の場は世界に広がる

   エグゼクティブクラスの求人はほぼ公表されない。しかし、優秀な人材を発掘し、活躍の場を広げてくれるエージェントは実在する。年収が400万円アップし...続きを読む

PR 2015/06/05

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
017
後任 2010/3/23 14:02

「近年日本のトップクラスのエリート学生はキャリア官僚ではなく
欧米系外資に集まってますね」というのが事実ならアメリカの
もくろみが成功しちゃったかな。アメリカの企業は日本の労働力を
うまく利用したくてしようがなかったわけだから。日本の労働力は
いろんな意味でコストパフォーマンスがいい。派遣切り批判が
厳しかったのがちょっと誤算かもしれないが。

016
だいぶ賃料下がってるもんなぁ 2010/3/23 13:04

>>011
えーっと、そのレベルならいまどきS級どころかA級クラスのオフィスビルでも備えてますよ。
逆に言うと、ヒルズは7年前のスペックなので、そういう機能面を考慮するならもっと新しくていいところにすべきだと思う。

015
  2010/3/23 10:19

ヒルズは昼からの帰りに観光客と同じ正面入り口を通る羽目になるのが悲惨だった
回転ドアがなくなった今はちょっとはマシになってるんだろうか…

コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

問題を解決したくない人は、原因を他人のせいにする。

東洋運命学

国内最大級のハイクラス転職サイト【登録無料】

ウソをつけ、こんなに脈が変わっているじゃないか!

嘘発見器を前に被疑者を責める刑事...って、このシーン間違ってます!

ミニッツシンキング

36年後の続報、自殺した試験管ベイビー第2号医学者の遅すぎる名誉回復