グーグルが六本木ヒルズに移転 勝ち組企業「ヒルズ族」が復権?

2010/3/19 19:51

   インターネット検索大手のグーグルが「六本木ヒルズ族」に仲間入りする。東京・渋谷のセルリアンタワーにある東京オフィスを引き払い、2010年夏にも六本木ヒルズ森タワーに移転する予定だ。

   六本木ヒルズといえば、かつて入居者は「勝ち組企業」の象徴だった。それがライブドア事件などのイメージダウンや、リーマン・ショック後の世界的な景気悪化の影響で人気に陰りが見えていた。08年3月期の入居率は85%にとどまっていたが、09年後半から外資系企業を中心に入居が相次ぎ、急速に巻き返している。

ライブドア事件、リーマン・ショックでイメージダウン

グーグルも「六本木ヒルズ族」の仲間入り
グーグルも「六本木ヒルズ族」の仲間入り

   2003年4月にオープンした六本木ヒルズ。当初はヤフーやライブドア、楽天などの錚々たるIT企業やベンチャー企業、投資ファンドが入居。ヒルズの住居棟には、ライブドアの堀江貴文社長(当時)や楽天の三木谷浩史社長、サイバーエージェントの藤田晋社長といった成功した起業家が住み、「ヒルズ族」と呼ばれて話題をさらった。

   しかし、その後のライブドア事件やグッドウィルグループの介護報酬の不正請求事件、08年9月のリーマン・ブラザーズ証券の経営破たんなどの影響でイメージダウン。さらには世界同時不況と、丸の内や品川、汐留などの大規模開発によるオフィスタワーとの競争激化によって、苦戦を強いられた。

   「いつかはヒルズ族」というIT企業は少なくなかったが、一方でヤフーはミッドタウンタワー(赤坂)に、楽天も品川シーサイド楽天タワー、ライブドアも西新宿に移転。また、「特打シリーズ」や「驚速シリーズ」などのパソコン・カスタマイズソフトのソースネクストは09年11月、虎ノ門森ビルに移った。オフィス賃料を10年3月期に約1億円、来期以降に年間2億円削減できるというのが理由だったという。

日本で最も住みやすい街に、800万円の一戸建て

    「東洋経済」が発表した「住みよさランキング」No.1の街で、白い一戸建てに住むのも夢じゃない… 続きを読む

PR 2014/8/1

おすすめワード

今旬ワード

スポンサードリンク

がんばろう日本
がんばろう日本
がんばろう日本 詳しくはこちら

他の言語

注目情報

日常生活に必要なあれやこれやが安くなる、それがセールなのだ。さあ、最新情報にアクセスしよう。

思い切って髪型や服装を変えてきた相手、もし!もしも、似合っていなかったら?

ピックアップ'

ウソをつけ、こんなに脈が変わっているじゃないか!

嘘発見器を前に被疑者を責める刑事…って、このシーン間違ってます!

ミニッツシンキング

3日間限定の「ファイナルセール」などぶっ飛び価格のタイムセール実施!

おすすめワード

【スポンサードリンク】

関連サイト

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット
このページのトップへ