高速増殖炉「もんじゅ」14年ぶり運転再開

印刷

   日本原子力研究開発機構は2010年5月6日午前、1995年のナトリウム漏れ事故で停止していた高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の運転を14年5か月ぶりに再開した。順調にいけば、5月8日午後に核分裂反応が連続して起こる「臨界」に達する見通し。試験運転が順調に進めば、13年春にも本格運転に入る。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中