自民谷垣総裁、参院選敗北なら辞任

印刷

   自民党の谷垣禎一総裁は2010年6月13日、フジテレビの番組に出演し、夏の参院選で、与党を過半数割れに追い込めなかった場合、総裁を辞任する考えを明らかにした。

   谷垣氏は番組終了後、「(参院選に)政治生命をかけるというのは、(敗北した場合)総裁としての資格がなくなったと考えること」と述べた。

   目標議席数については、具体的な数字は明らかにしなかったが、「野党は与党を追い込んでいくのが仕事」と話した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中