人気アニメ「らき☆すた」神輿 上海万博で「萌え~!」の熱烈歓迎

印刷

   上海万博に人気アニメ「らき☆すた」のキャラクターが描かれた「らき☆すた神輿(みこし)」が登場した。会場には3000人を超す人が集まり、「らき☆すた」のテーマソングが流れると大歓声。御輿が登場すると「萌(も)ーえ!萌ーえ!」の掛け声が会場中に響き渡った。

   埼玉県鷲宮町の「らき☆すた神輿」が登場したのは、経済産業省が上海万博内に開設したイベント会場「コ・フェスタ IN 上海」。日本のマンガアニメなどのポップカルチャーを紹介するのが目的だ。

会場には「萌え萌え!!!」の掛け声

「youku.com」に投稿された上海万博「らき☆すた御輿」イベント
「youku.com」に投稿された上海万博「らき☆すた御輿」イベント

   鷲宮町が「らき☆すた」を使った街興しに成功したこともあって、「らき☆すた神輿」を登場させれば会場全体が盛り上がるだろう、などの理由から選ばれた。もっとも、経産省は「らき☆すた」で人が集まるのかどうか、半信半疑だったという。

   中国の動画投稿サイト「youku.com」には、上海万博で「らき☆すた神輿」が登場するシーンを撮影した動画が複数投稿されている。人で埋め尽くされた会場に、「らき☆すた」のテーマソングが流れると、「ギャー!!!」という悲鳴のような歓声が起こった。

   御輿が登場すると、おびただしい数の人達がデジタルカメラを一斉に構えた。移動を始めると会場には「萌え萌え!!!」「萌ーえ!萌ーえ!」の掛け声が。「youku.com」の動画には「この熱狂ぶりを伝えたい」などといったコメントが書かれている。御輿は2010年6月13日~16日、いずれも午後6時半から、1日1回登場した。

   鷲宮町からは十数人が「らき☆すた神輿」の担ぎ手として参加した。平均年齢は65歳。イベントの舞台に立った担ぎ手の代表者は、司会者から「らき☆すた神輿」ついて質問され、

「鷲宮町にはアニメファンがたくさん来てくれますので、一緒に御輿が担げたらいいんじゃないかということで、らき☆すた御輿を始めたわけです」

と説明。アニメについて聞かれると、

「私も70歳を過ぎましたので、アニメのファンじゃないですよ」

などと答え、会場からブーイングが起こる場面もあった。そうした様子も「youku.com」の動画に入っている。

20代、30代の若者が中心

   経産省の「コ・フェスタ IN 上海」担当者に話を聞くと、まず、「らき☆すた神輿」の掛け声「萌ーえ!萌ーえ!」を説明する前に、会場から掛け声が出て驚いたという。会場は広場のようになっていて、集まって来たのは20代、30代の若者が中心。アニメのキャラクターが描かれたシャツを着ている人も多く、朝早くから開演を待ち、イベントが終了するまで約12時間も居座るファンもいた。御輿は中国人のアニメファン、コスプレイヤーにも担いでもらい毎回3000人程の見物客を集めたが、あまりの多さに、上海万博の運営事務所から苦情が来てしまったという。「らき☆すた」の知名度が当初予想したよりかなり高かったのは意外だったようだ。

   また、アニメ歌手のコンサートも併せて開催したが、ファンは熱狂し、スクリーンに歌っているアニメの映像が出ると、さらに加速した。日本のアニメがこれほど中国に浸透していることについて、改めて驚かされたという。

   日本では、上海万博に「らき☆すた御輿」を出したことに、「オタク文化を輸出するのは恥ずかしい」などとネットでバッシングが起こっているが、担当者は、

「オタクっぽいなどと、冷めた視線を感じることは全くありませんでした」

と話している。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中