加藤夏希が「セクハラ」を暴露 俳優兼監督の「S.S」って誰だ

印刷

   「あっちにベッドルームがあるから!」。女優の加藤夏希さん(24)が、あるハリウッド映画のオーディションでこう言われたと、テレビで明かしたことが波紋を呼んでいる。

   加藤夏希さんは、訴訟にもなった元マネージャーとの愛憎劇を明かして話題になった。今度は、セクハラまがいの「儀式」を求められたと爆弾発言をしたのだ。

「役作り」とベッドルームに誘われる

   日本テレビ系で2010年7月6日夜に放送された「超豪華!! スタア同窓会」でのこと。ゲストの夏希さんらが、知っている有名人らのイニシャルを示してウラの顔を明かすトークがあった。

   夏希さんは、「S.S」と書いたボードを掲げ、特撮が好きな海外の俳優兼監督の話を始めた。その映画のオーディションに行ったとき、夏希さんの前に受けた人は、泣きながら帰ってきた。そして、自分の番になったときのことだ。

「今回、夫婦役だから、僕たち。夫婦の役作りをしよう!」

この俳優は、こう言うと、ベッドルームに誘ったというのだ。夏希さんは、前の人が泣いていたので「何でだろう」と思っていたが、これですべてが分かった。俳優の発言をさえぎると、ほかの人が見ている前でアドリブの演技をした。

アクションが売り物の大物ハリウッド俳優?

   結局、オーディションには落ちたが、受かった人は、その「儀式」をしたのではないかとも思ったという。

   衝撃的な話だけに、ネット上では、早速「S.S」がだれなのか話題に。2ちゃんねるでは、アクションが売り物の大物ハリウッド俳優(58)ではないかと囁かれている。

   この俳優は、日本通としても知られる。過去にも、女性との関係を巡り訴訟沙汰を起こしている。もっとも俳優側は「作り話」だと主張しており、真相は藪の中だ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中