婦人服「キャビン」ブランドを休止

印刷

   ファーストリテイリングは、子会社のキャビンとリンク・セオリー・ジャパンを2010年9月1日に合併し、リンク・セオリー・ジャパンを存続会社にすると10年7月22日に発表した。キャビンが運営する「ザジ」、「アンラシーネ」などのブランドは11年初頭を目途に休止する。キャビンはかつて若い女性から高い支持を得ていたが、経営不振に陥り07年にファーストリテイリングの傘下に入った。しかし、若い女性のライフスタイルや嗜好の多様化に対応しきれなかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中