携帯データで「まちづくり」 ドコモと東大共同研究 

印刷

   NTTドコモは2010年9月15日、携帯電話サービスで得られる「人口分布と時間についての統計」をまちづくりに活用する研究を、東京大学と共同で実施することを明らかにした。東京大学柏キャンパスのある千葉県柏市で行われる。

   この「モバイル空間統計」では、携帯電話を持ち歩くユーザーの位置データや属性データを基に、人口の地理的な分布がどのように変化するかを推計する。ユーザー個人の情報は特定できないとしている。発表資料によると、ドコモは空間統計を使って都市の人口分布が時間によってどう変動するかを、東京大学は人口の変動と都市空間との関係性を、それぞれ分析する。

   共同研究の期間は、2010年11月1日から11年3月31日まで。その後学会などで研究結果を発表する予定だ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中