一体男なのか女なのか マツコ・デラックスの素性

印刷

   コラムニスト、マツコ・デラックスさんの人気が急上昇中だ。ネットでは、「マツコの性別はどっちなんだ」といったコメントが書き込まれ、オリコン調査でも「好きなコメンテーターランキング」でも2位に入るほどの人気振りを見せている。

   最近テレビに頻繁に出ているマツコさんだが、余りに急に露出が増えているせいか、そもそも「マツコは何者なの?」と思っている人も多いようだ。

「この人男だったの?」

   ヤフー知恵袋には「マツコ・デラックスさんは男性ですか?女性ですか?」といった質問が投稿され、2ちゃんねるでも「マツコ・デラックスって本物の女だと思ってた」といったスレッドが登場。美容板に建てられたもので、

「うちの小学生の子供はマツコを女性だと思ってた」
「この人男だったの?」

といったものが寄せられている。

   マツコさんは1972年生まれの37歳。女装が好きな男性だ。元々はゲイ雑誌「バディ」の編集者だった。ドラァグクイーンとしての活動を始めたのち、コラムニストとして文筆業を始める。現在はお笑いコンビ・くりぃむしちゅーらと同じ事務所に所属。情報番組「5時に夢中」(東京MX)や冠番組「マツコの部屋」(フジテレビ)などに出演している。

   これまでのインタビューなどによると、普段は女装ではなく普通の男性の恰好をしているという。また、身長は178センチで体重は140キロ。当然その体型に合う女装用の服があるわけではなく、テレビ出演時などの衣装は全て自前だという。

歯に衣着せぬ「視聴者の代弁者」

   特徴的なのが、その歯に衣着せぬ物言いだ。特に女子アナについては厳しく、元モーニング娘。の紺野あさ美さんがテレビ東京の女子アナに内定したことが報じられた際には、「5時に夢中」番組内で

「逆に言うと、モー娘。と女子アナって同じってこと」
「金のかからない小綺麗なタレントの替わり」

とコメント。「(女子アナは)可愛いだけではできないけど、可愛いプラス浅ましくないとできない」などとも述べている。

   一方で、デリケートなところでは波風立てないようにも気を遣っているようだ。同番組内で、北野誠さんの芸能活動休止についてコメントを求められた際には「ノーコメントで!」と発言を避けている。

   2010年9月に発表されたオリコンの「好きなコメンテーター」ランキングでは、ジャーナリスト池上彰さんに次いで2位にランクイン。理由として「過激過ぎるところもあるけど同感だなと思う」といった所が挙げられており「視聴者の代弁者」と見られているようだ。

   最近では漫画「ガラスの仮面」新刊PRポスターに、月影千草のコスプレをして登場。大きな話題になった。他にも、9月27日から10月下旬まで行われるフジテレビの番組改編キャンペーン広告に起用された。ポスターでは妊婦姿のマツコさんが、お腹を抱え「私、産みます」。マツコさんが番組を生み出していくというコンセプトだという。こちらもネット上で話題になり「不思議と違和感を感じない」「マツコは面白いし好感持てるね」といったコメントが寄せられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中