「ガラパゴス」はiPadに勝てるのか 売りは新聞、雑誌の「定期購読」

印刷

   シャープが2010年内に発売すると7月に公表していた電子書籍対応の携帯端末の名称が「GALAPAGOS(ガラパゴス)」に決まった。発売は12月と年内ギリギリで、価格も未定だが、ガラパゴスという名前のインパクトは大きく、話題を集めている。

   ガラパゴスは米アップル「iPad」に対抗してシャープが送り出す戦略商品で、3万冊という豊富なコンテンツと合わせ、「和製iPad」が本家をしのぐか注目される。

日本語独自の縦書きやルビなどに対応した規格を開発

   今回、シャープは「ガラパゴス」という言葉に、iPadに対抗する挑戦的なメッセージを込めた。島国の日本をガラパゴス島になぞらえ、日本の携帯端末が独自の進化を遂げたものの、過剰装備が多く、国際的には通用しない閉鎖性を揶揄する言葉として使われる。ところがシャープは「日本ならではのきめ細かなもの作りとノウハウ、技術を融合させ、世界で通用するサービスに進化させる」「日本のケータイは決済機能などで世界をリードしてきた。培ってきた技術を卑下せず、元気を出そうというメッセージを込めた」(岡田圭子オンリーワン商品・デザイン本部長)というのだ。

   このためには先行するiPadと機能や商品力で並ぶだけでなく、凌駕する魅力がなくてはならない。電子書籍の元祖ともいえる米アマゾン・コムの「キンドル」やソニーが米国で発売した「リーダー」は画面がモノクロ表示だったのに対し、2010年5月に日本に上陸したiPadはカラーで、グラビアなどの鮮明な美しさが話題となった。日本語表記がないため、日本の書籍が読めないキンドルに対して、iPadは縦書きの日本語表記が可能で、日本の新聞などを丸ごと読める点もファンを増やした要因だ。

   液晶の技術で実績のあるシャープはこのあたりはよく研究しており、日本語独自の縦書きやルビなどに対応した規格を開発。カラーで高画質の画像を表示するのは言うまでもない。カラー液晶画面を指で触れて操作するタッチパネル方式も、iPadのスタイルを踏襲している。基本ソフト(OS)は米グーグルのアンドロイドだ。

購読できるコンテンツは3万冊でスタート

   シャープがiPadをリードするのは、新聞の宅配制度に慣れた日本の読者を満足させるため、電子書籍の新聞や雑誌が決められた時間になると端末に自動配信される「定期購読」サービスがある点だ。iPadは読みたい新聞や雑誌をその都度、購入しなければ読めなかったが、ガラパゴスは定期購読の契約をしさえすればよいのだ。

   ガラパゴスで購読できるコンテンツは3万冊でスタート。新聞は朝日新聞社、毎日新聞社、日本経済新聞社など全国紙やスポーツ紙、雑誌はダイヤモンド社や東洋経済新報社などの経済専門誌やニューズウィーク日本版などが12月から購読可能となる。

   米アップルは日本国内で購読可能なコンテンツの数を正式に発表していないため、単純比較はできないが、日本で開発された電子書籍端末だけに日本語の書籍が充実しているのは大きなメリットに違いない。2011年春にはゲームや音楽、電子商取引などの機能を追加した新機種を追加。電子教科書としての採用も見込んでいる。

   ガラパゴスはもちろん国内モデルだけでなく、来春以降は欧米やアジアでも海外モデルを販売する。米アップルは「世界標準であるiPadの優位性は揺るがない」と自信を示すが、電子辞書や携帯端末などで実績を積んだシャープ渾身の1台だけに、日本市場はもちろん、世界市場の評価が気になるところだ。12月の正式な発売日や販売価格などは後日発表するという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中