長谷川洋三の産業ウォッチ
前原外相の外交姿勢:ODAは依然として重要なツール

印刷
「ODA(政府開発援助)は減っていることは確かだが、重要な外交ツールであることには変わりはない」

   前原誠司外相は2010年10月5日、日本外国特派員協会(FCCJ)での記者会見でこう強調した。「ODAには選択と集中が必要で、減らす一方でインフラファンドの創設や先進国向けに高速鉄道や原子炉の投融資に活用できるようにしている」と説明した。

   外相に就任早々尖閣諸島沖の衝突事件後の日中緊張対応など、厳しい外交試練を迎えているが、独自の外交姿勢を示すことにも躍起だ。もっとも「国交大臣の経験から言うと日本の役人は優秀だ。大事なことは言うべきことは言い、十分話し合って優秀な役人を同じ政策の方向に目けることも大事だ」といきすぎた官僚批判の見直しを披露するなど、力不足を補う知恵が必要なことも認めた。

   「東アジア共同体構想は米国を排除しないとクリントン米国務長官に話した。日米同盟深化は使命だ。今後も米国の防衛協力をあらしめるさまざまな共同演習が行われることが重要だ」と尖閣問題についても米国との協力を強調する姿勢をのぞかせていた。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中