「つゆだくだく」や肉6倍「キング」 牛丼チェーン「隠しメニュー」の全貌

印刷

   牛丼チェーン店で牛丼を頼むときにメニューに記載されていない「隠しメニュー」というものがある。「つゆだく」「ねぎぬき」といった、客のこだわりにこたえるもので、チェーンによっては、メニューにない特大牛丼などもあるという。

   「牛めし」を販売している松屋では、具材のつゆの量が多くなる「つゆだく」、少なくなる「つゆぬき」を頼むことができる。

すき家では超特大の「キング」サイズも

色々な頼み方がある牛丼
色々な頼み方がある牛丼

   ネギの量も調節可能だ。多くしたければ「ねぎだく」、入れて欲しくなければ「ねぎぬき」と注文すればいい。

   松屋では牛めしだけでなく、カレーも販売しているが、こちらもお好みで福神漬けの量が調節できる。サラダのコーンを抜くオーダーもできるという。松屋フーズの広報担当者によると、これら隠しメニューはマニュアルでも定められており、全国の店舗で頼むことができる。

   すき家でもつゆとネギの量が調節可能だ。すき家を運営するゼンショーによると、「つゆだく」より更につゆが多い「つゆだくだく」も、マニュアルにはないが物理的には対応可能だという。

   また、特殊なサイズも注文できる。特大サイズの「キング」(940円)と、極小サイズの「プチ」(130円)で、「キング」は肉の量が並盛りの6倍、ご飯の量が2.5倍。一方、「プチ」は並盛りの4割ほどで、おにぎり1個くらいの分量となっている。どちらも09年夏に発売し、話題となった。現在はメニューから消えてしまったが、「隠しメニュー」という形で残っている。

   ゼンショーの広報担当者は、

「キングはメガ牛丼の2倍ぐらい。凄い量なので、頼むのは学生や若い人が多いですね。牛丼のプチというのは、カレーを食べたけど、せっかくすき家に来たのだから牛丼も少し食べたいという人が注文しているようです」

と話している。

吉野家「『特殊オーダー』頼む人減っている」

   牛丼業界の老舗・吉野家では、こうしたこだわりの「隠しメニュー」を「特殊オーダー」と呼んでいる。現在、全国どの店舗でも対応しているのは「つゆだく」「つゆぬき」だけだという。また、ネットでは吉野家で「頭の大盛り」と頼めば大盛りの価格(480円)で、ご飯が並盛りの牛丼が出てくると言われている。しかし、吉野家広報担当者によると、「頭の大盛り」で対応できない店舗もあるといい、「そういうときは、大盛りを頼んで『ご飯少なめ』とオーダーすれば大丈夫です」と話す。

   東京・築地にある吉野家1号店では、ネギの量も調節可能だ。「つゆだくだく」もできるという。築地店は他の店舗より対応できるオーダーが多く、頼むとご飯が冷たい状態で出てくる「つめしろ」というメニューもあると言われているが、

「1号店には、何十年と通って頂いている常連の方がいます。その中に暖かいご飯が苦手な人がいてやっていたのでしょう。ただ、プレーンの牛丼が一番美味しいよう商品開発しておりますし、最近はお客様も世代交代が進んで、『つゆだく』や『ねぎだく』以外がオーダーされることは殆どありません」

ということだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中