女性アイドルは180センチ超 つんく♂が「身長逆サバ読み」暴露? 

印刷

   アイドルグループ「Berryz工房」の熊井友理奈さん(17)の身長は、公称通り176センチなのか、本当は180センチ超なのか――音楽プロデューサー「つんく♂」さんがブログで「180センチ超え」と書いたことを巡り、「(熊井さん)本人が隠していることを暴露した」「いや、つんくブログの方が間違いだ」と話題になっている。

   つんくさんは2010年11月9日、自身のブログで「Berryz工房」の新曲「シャイニング パワー」について紹介した。この中で、「今回は熊井がセンター」で歌っていると報告し、「180センチ越(超)えの女性ボーカルがセンターを取った」と紹介した。

「あいつの場合、かわいいから不思議」

   「Berryz工房」は、つんくさんプロデュースの「ハロー!プロジェクト」の一員で、04年にデビューし現在は7人組だ。つんくさんは11月9日のブログで、熊井さんの高身長に触れながら「それで居てあいつの場合、かわいいから不思議」と肯定的に評価している。

   つんくさんのブログ内容を受け、ネットの2ちゃんねるでは、「あーあ言っちゃった」「本人が隠しているのにばらすなよw」などの指摘が相次いだ。「熊井ちゃんが泣くぞ」と「心配」する声もある。

   中には「本人が176cmと言っているのだから180cmのはずがないよ」と「サバを読んだ」のはつんくさんの方だ、との指摘もある。どうやら熊井さんが高身長を気にして「逆サバ(低めにサバをよむ)」をしているはず、という「共通認識」があるようだ。

   日本芸能界の女性で180センチ超の著名人といえば、元バレーボール選手のスポーツキャスター、大林素子さん(182センチ=日本タレント名鑑05年版)や、お笑いコンビ「南海キャンディーズ」のしずちゃんこと山崎静代さん(182センチ=所属事務所サイト)らがいるが、けっして多くはなさそうだ。

   ちなみに高身長のイメージがある歌手、和田アキ子さんは174センチ(日本タレント名鑑05年版)で、NHK朝の連続ドラマ「ゲゲゲの女房」で注目を集めた松下奈緒さんも174センチ(同)とされる。

「背の高さ」、本人はむしろ積極的にとらえている

   熊井さんの身長を巡っては、以前からファンらの間で話題となっており、08年夏の段階で、熊井さんが身長176センチだと「先日公表」したが、「また今回も小さく言っている可能性はありますか?さすがにもう本当ですかね」との質問が、ネットのヤフー知恵袋に投稿されていた。同年春にあったファンの集いで本人が身長を明かしたことを受けた質問のようだ。

   熊井さんは、10年の今年夏に17歳になったばかりで、今も「公称身長176センチ」だ。まだ身長が伸びていてもおかしくない。

   熊井さんは、つんくさん指摘のように本当は「180センチ超え」なのだろうか、それとも誤解なのか。「Berryz工房」の所属事務所の担当者に聞いてみた。

   現在の「オフィシャルの身長」は確かに「176センチ」だ。しかし、いつから(何年前から)「公称176センチ」なのかは、はっきり覚えていないそうだ。つんくさんの「180センチ超え」の指摘については、

「(熊井さんが)かなり身長が高い、というざっくりとしたニュアンスでそう言われたのではないでしょうか」

   確かに「四捨五入」すれば「180センチ」ではある。それにしても、熊井さんは高身長であることに引け目を感じたり、なるべく身長の数字を低く思われたいと考えたりする傾向はあるのだろうか。

「いえ、本人はむしろ(高身長を)積極的に捉えているようですよ」

   とのことだった。また、「公称176センチ」について、「数年前から176センチのまま」で、「今でも伸びているのでは」との指摘があると伝えると、

「なるほど。もう1回(身長を)調べてみてもいいかもしれませんね」

と話していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中