JAL、支援金不払いで静岡県を提訴

印刷

   会社更生手続き中の日本航空(JAL)は2010年11月10日、静岡-福岡線=10年3月撤退=の運航支援金約1億5300万円の支払いを静岡県に求める訴訟を東京地裁に起こした。JALと静岡県は09年6月、同路線の09年度の平均搭乗率が70%を割った場合、下回った分1席あたり1万5800円を運航支援金として県がJALに支払う、とした覚え書きを締結した。実際の平均搭乗率は64.6%で、JALは運航支援金約1億5295万円の支払いを求めていたが、県は「路線撤退は信義則に反する」として支払いを拒んでいた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中