長谷川洋三の産業ウォッチ
亀井静香氏の財政感覚:国債出して財源確保も一案だ

印刷
「国は貧乏だが民間にはカネがある。景気が悪い現状で財源を作るにはカネを借りるか増税しかないが、お金持ちやお年寄りなどにも買っていただけるような国債を出して財源を確保するのも一案だ」

   国民新党の亀井静香代表は2010年11月29日、東京都内で講演し、景気テコ入れ策についてこう強調した。亀井代表は無利子国債発行が持論だけに、ここでも相続税を軽減する代わりに無利子の国債を購入してもらい、ねん出した財源で、将来に力の出るような壮大な事業に投資するべきだ、という構想を披露した。

首相のリーダーシップ能力には懐疑的

   亀井代表によると、政府の財源は限られているが民間にはタンス預金やアングラマネーがたくさんある、民間資金をいかに活用するかにもっと知恵を絞るべきだという。ただ菅首相が壮大な事業構想実現のためどれほどリーダーシップを発揮できるかについては懐疑的で「このままいけば大変なことになる」と警鐘を鳴らすことに留まった。

   国民新党は民主党と連立政権を組む政権与党だけに菅政権が思いきった政策を打ち出せず、政権支持率の低迷が続いていることにはやきもきしている感情を吐露した。北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)軍の韓国領土砲撃についても「北朝鮮の脅威を直接受けるのは米国ではなく日本だ。日本は独自の北朝鮮政策を打ち出すべきだ」と強調していた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中